「リセットの時代」タグアーカイブ

NESARA(ネサラ)とGESARA(ゲサラ)、QFSを知らないと大損をする時代がやってくる


IBMの量子コンピューター「Q」。

2021年3月、「日本でも発売」の情報。日本も、ようやく本格的にネサラゲサラ導入の口火を切ったという証なのでしょうか。

ネサラとゲサラの分かりやすい解説。
ネサラとゲサラとQFS(量子金融システム)。
ビジネスパーソンは絶対に知っておかないといけない知識。

NESARA(National Economic Stabilization and Reformation Act:ネサラ)「国民経済安全保障改革法」とGESARA(Global Economic Security and Recovery Act:ゲサラ)「世界経済安全保障改革法」。

核となるのが量子金融システム(QFS:Quantum Financial System)。人工衛星上の量子コンピュータを使う「新しい金融システム」で量子コンピューターとブロックチェーンが融合した、侵入不可、改竄(かいざん)不可という、現時点では無双の金融システムです。

3月14日(日)6:01 a.m.(米国東部時間)を目標に、ファルコン9によるスターリンク衛星60基の次の打ち上げを行います。このミッションを支える第1段ブースターは、これまでに8回のフライトを完了しています。http://spacex.com/launches。QFSや新しいソーシャルメディアへの基盤がこうして着々と進んでいます。

2021年3月22日

「すべてのソーシャルメディアプラットフォームは削除され、新しいプラットフォームは、宇宙で制御される新しいクォンタムインターネットに置き換えられる」

60個のスターリンク衛星。
これが新しいインターネット。

削除(KILL)されるメディアプラットフォーム。

Google、YouTube、Facebook、Twitter、Yahoo、Bing、Instagram。ビッグテックは死に体に追いやられる。

ビル・ゲイツマイクロソフトChromeの秘密。
Google GPU(Graphics processing unit)の名前は「aderno」。
Googleのプラウザは「Chrome」。
合わせると「Adrenochrome」+「666」。

アドレノクロムの抽出法。

「恐怖を与えたあと、生きたまま子供の 顔の皮膚を剥がしを 長い注射針を目に突き刺し 脳に達したところで 初めてア ドレノChromeが 抽出できる」

プラウザとしてChromeをお使いの皆さま、軽快にキーボードを叩かれていますか、時々、幼児たちの悲鳴が聞こえてきませんか?

目次

新金融システムのポイント

1.金や銀などの現物資産を担保とする。

金と銀、プラチナなどの他、各国の資源が担保される金融システムになります。

バチカンを急襲した目的の一つがこれであることは確かかと思います。現時点では、「QFS資金は33京円」とされています。地球の全人口77億人で割っても、ひとりあたり4千万円以上

バチカンの金塊6万トンだけで全世界のひとりあたり数億円と計算する人もおりますが、QFSによって価値観が変わることが予測されるため、現時点で正確な数字を割り出すのは困難でしょう。

但し、金額は本質ではなく、QFS(量子金融システム)資金の裏付けは、「各国の資源など」となります。

2.大きな目的のひとつがDS潰しの「通貨リセット」。

国境もなく世界中の誰にでも送金が可能で全ての送受信履歴が残るので「犯罪などが難しい仕組みの、かつ手数料不要の新しい金融システム」になります。

これによって、「通貨によって支配するシステム」が崩壊します。旧来型の金融マフィアは終息し、各国の中央銀行も縮小を余儀なくされます。

現実に、連邦準備銀行は2月24日午前10時にダウンし午後3時に復活。その間に、 軍部は連邦準備制度の解体を終わらせ、DSの銀行家を完全に排除。 QFSを復興共和国のNESARAに準拠した財務省の持つ銀行システムと統合した。

プーチン大統領が、放送局NTVで「新世界秩序は崩壊した」と発表した。テレグラム情報。

「世界は今、エリート政権の死後、最後の収縮期に入っている。世界中の人々がエリートの計画についての陰湿な真実に目覚めたので、新世界秩序は失敗した。もうすぐ大きな変化が訪れる

フリーメイスンは失敗した。
DS(闇の組織)の新秩序計画は挫折した。

11/3にトランプ氏はNESARAを法律化した。

あの大規模な選挙詐欺に参加した者なら誰のものであっても、トランプがサインした大統領令により、重罪である反逆行為に使おうとしていた資金は凍結かつ没収にされる。多くのDSの口座が凍結されている。

トランプ陣営(トランプ氏と彼を擁立したアメリカ軍)が、3年も前から、「ドミニオンや郵便投票が絡む不正選挙」が行われると知りながら黙っていたのは、「DS資金没収が目的」だったという考え方も成り立ちます。

大統領選挙はトランプ軍の囮捜査だった!

露骨な偽就任式とまだフェイクコロナに気づかない人は、「ヤバイデン本舗」の丁稚(でっち)になるしかない。

「不正選挙などない、フェイク情報だ」とか、「バイデン新政権が誕生した」という日本人は、「完全なるお花畑」「完全なる反日異分子」であることが証明されます。

実に分かりやすいリトマス試験紙です。
これを活用しない手はありません。

お花畑と反日を探せ!

みたいなもので、「自分だけのウォーリーの絵本をつくろう」。

「危ない人図鑑」みたいな話です。

ネサラゲサラは一般の人に巨大な恩恵が

1.利子がなくなる。

時間制限がなく、国境もなく、世界中の誰にでも送金が可能で、かつ、ブロックチェーン方式の個人間取引になるので、仲介役やまとめ役などによる仲介手数料などが、ほとんどなくなります。

言ってみれば、産地直送のような形で消費者に届けるようなもの。問屋業を経由しないので商品の配送が早くなり、かつ、仲介手数料を抜かれることもない。そのようなシステムです。

2.産業構造が激変します。

消費者金融・リース・保険・クレジットなど利子で作られた産業はなくなる可能性が高い。

個人間取引になってくるため、大企業や仲介業などの業種は今後淘汰されていく可能性が濃厚になる。

コロナでアパレルが淘汰されたように、新金融システムで崩壊する企業が続出します。

QFS、AI、ロボット、テレワーク。

知識を得て、身軽に動かないと時代の壁に封殺されます。
PCとスマホの時代を遥かに凌駕する「リセットの時代」

風神雷神。

疾風の速さで訪れ、怒涛の破壊力を示して通り過ぎる。
台風が来ると分かっていれば、備えておくのが普通です。

3.犯罪率が激減する。

新システムで犯罪を犯すと、金銭を受け取る自身のウォレットが0になるため、犯罪が発生する可能性は極めて低くなります。

そもそも、「現金狙いの犯罪」がなくなる。キャッシュの動きが全て可視化されるので、資産を奪っても現金化した時点でQFS(ブロックチェーン)で炙りだされてお縄になります。

金融マフィアやソフトバンクなど外国系企業による脱税も不可能になり、健全な税収体制に移行し、中韓朝に毎年、数十兆円と抜かれ続けてきた日本の財政も豊かになります。

4.ベーシックインカムが支給される

これが一番凄い話になります。

働かなくても一定の金額が支給される。
働いている人も年収に応じて給付金が支給される。

既に記したように、「QFS資金は33京円」、地球の全人口77億人で割っても、ひとりあたり4千万円以上です。さらに、国の資源が担保になりますから、「給付金の元が尽きた」ということは論理的にあり得ないことになります。

5.個人所得税も廃止される方向に

2021年3月3日、既に、ミシシッピー州は所得税廃止を要求し、上院が討議の予定。この流れから、いずれ消費税廃止に持ってゆく。重要なことは、「今まで、このような取り組みが行われたことがない」ということです。これも、ネサラゲサラなしには考えられない事態といえます。

人々の生活と金銭感覚が激変する

働かなくても最低限の生活は保障される。

しかし、犯罪を犯せば自分のウォレットがゼロになる。

ちなみに、ウォレットとは「仮想通貨を保管する財布」のことです。 仮想通貨と同じように、「銀行に預金することなどができない」ため、自分自身で管理する必要があります。

働かなくてもお金は入って来るけど、最低限度の生活を強いられる。「そんなの嫌だ~」という人は80%を超えるでしょう。

何しろ、「一番面白い」のは働くことや学ぶことであり、一番つまらないのは「何もすることがない」ことなので、多くの人は働くことを選択するはずです。

カナダのオンタリオ州では2017年7月から、4000人近い人々を対象に「ベーシックインカムを支給する大規模な社会実験」が2019年3月まで行われていた。

そして、「参加者はベーシックインカムの支給が始まった後も仕事を続け、より健康的になった」という調査結果が発表された。

プログラム開始時に働いていた人々のうち、4分の3はベーシックインカムを受け取り始めた後も仕事を継続していた。また、仕事を辞めた人々のうち約半数は、以前よりもよい仕事を手に入れるために学校へ通い始めた

しかし、もう、「お金のために働くという観念」が必要なくなるので、「他人の目を意識する見栄を張った生き方」は廃れてゆくでしょう。

現在、カナダの3地区で実験が行われていますが、「これまでお金がなかったからジャンクフードばかり食べていたけど、今は、健康的な食品を選んで食べています」という感想も得られているそうです。

肉など一切使っていないマクドナルドのバーガー。
(よく食べれるな)といつも思ってしまう。

代替肉の製造拠点は中国。

何を食べさせられているのか分からないジャンクフードなどの「偽物商品」は売れなくなり、多くの人が健康志向になるでしょう。

このように、意識が大きく変革してゆくと、そこに多くのビジネスチャンスが生まれてきます。

激変する経済事情あれこれ

居住問題

誰でも最低金額が支給されるので、家賃滞納や夜逃げの心配がなくなり、誰でも部屋を借りられる。更に、利子負担のあるローン自体がなくなるので、その人の収入に応じた「生きている限り、無制限の支払期間」が誕生するため家の購入者が増えると予測されます。

「安いけど不便なシェアハウス」とか「高くて狭い都心部の賃貸」などは淘汰されてゆくでしょう。テレワークだけで、都心部の空室率があがり、家賃が激減している現実からも、家賃は低落傾向を帯びてくるでしょう。

文化の問題

人はヒマになったら遊びに走る?

「小人閑居(かんきょ)して不善をなす」

「つまらない人間がヒマでいると、ろくなことをしない」という中国の故事です。一理あるように見えて、実は、日本においては底が浅い読みともいえます。

日本人が最初に平和な文明を謳歌した時代があります。それが史上初となる統一国家が成し遂げられた江戸時代です。

武士や町人などの身分制度はなく、むしろ、町人や商人の方がお金持ちで、「金もないのに偉そうにしている武士」は貧乏侍と見下されていた時代です。

時には、新選組のような旧弊の伝統に縛られた田舎者が湧いて出てきますが、一般受けせず、嫌われていた。

平和で安定した豊かな時代には、意味不明の虚栄は排除される。

そうした時代に人々が求めたのがこれです。

1.脳的向上心

出世のための勉学でなく、知的好奇心を求めた純粋の向学心。

自由でおおらかな学びの場。そして、江戸中期に全国的に流行ったのが難解な算額(幾何学)だった。

今の時代で言えば、「知的鍛錬と肉的鍛錬(スポーツ)」になるかもしれないけど、江戸時代の人は、女性でも60kgを楽々と担ぎ、旅となると40キロ程度の走破は普通だったほど屈強だったので、方向性は「知的鍛錬」に向けられたと考えられます。

2.知的好奇心

江戸時代の人は旅が大好きだった。

つまり、見知らぬ世界への好奇心が旺盛だった。

この2点から推測しても、ネサラゲサラの時代は、「無為に呆けて遊ぶ」というより、「新しい物を求めて突撃する」ような一大革新の時代になる予感がします。

スーパーハイテクが怒涛の目白押しの時代に呆けている?
「絶対にあり得ない」と断言しておきたい。

3.それでも本能は強い

食欲:本物健康志向
ゲイツなどDS推しの人工肉などあり得ない。

性欲:江戸時代は世界最高峰の性文化開花の時代

春画は芸術、ですよ。

混浴は普通。

不当に性を抑圧してきた共産主義者たちの陰謀も破壊されるだろうし、DSの資金源となっていた性と絡む様々な薬物も厳しく取り締まられるだろうけど、「性」自体は大きく花開くと思う。

そもそも論だけど、「人体が清廉潔白なわけがない!」

性器が上の食べる口と連動した排泄する下の口であることは自明で、殺して食べて排泄する循環がなければ、生命体は存続できない。

性も人体の一部なのだから、循環しないと不健康になるのは明らかで、そうした人体の摂理を無理矢理禁止の方向に持ってゆくから話がおかしくなる。

「人体の生理」に知恵足らずの人類が口を挟むから混乱が生じてしまう。

日本人は元来陽気な人々です。
江戸時代の日本人は世界が羨むほど楽しく幸せだった。
中韓朝がいなかったからかもしれないけど。

ベーシックインカムと利子も消費税もないため、物価は低落傾向を帯びる。さらに、子育てための出費が少なくなる。こうなると恋愛が盛んになる。そして、スペック婚のような銭ゲバ結婚は絶滅し、「性格重視、相性重視の結婚」が常態化されてゆき、結果として少子化は解決されてゆくでしょう。

自由と繁栄がもたらすもの。

それは健全な勉学であり、最先端の科学であり、人間を謳歌する芸術である。学問は栄え、技術は進化し、様々な芸術が花開き、多くのスペシャリストたちが生み出される。

ネサラとゲサラと量子金融システムが人類にもたらす恩恵は大きい。闇の政府が消滅すれば、自然と戦争もなくなる。

残された問題は「宗教」だけになるけど、これを生み出している四次元のバケモノたちも同時に成敗されているはずなので、しばらくは戦争は無くなるでしょう。

価値観と思考が180度変換される

1.現行の教育制度は破壊される。

「日本人をスポイルする目的のゆとり教育」にみられるように、共産主義の息のかかった教科書で学び、共産主義者が率いる教育委員会に仕切られ、共産絡みのPTAが存在する現行の教育制度は破壊されねばならない。

校則や宿題などの生徒を縛る制度は不要。
不祥事を起こす先生は即、解雇。
学業の邪魔になる生徒も即、退学。
学業時間は短縮すべき。

結果的に、「学びに足る私立学校」が乱立する。
それを許す経済体制になるから学費の問題は軽微になる。

自由な校風、規律正しい校風、猛勉に特化した校風。
それぞれ好みの学校で学ぶべき。

「十(とお)で神童十五で才子二十(はたち)過ぎればただの人」という故事が世界中にあるように、義務教育期間の「成長盛りの年齢」における優劣などはたいして役に立たない。

重要なのは「得られる知識」ではなく、「物の考え方や学びの姿勢」であり、同時に「学問に向いていない人」がいること、そのような人が決して無能ではないことも知らねばならない。

むしろ、「学問に向いていないから現場にゆく!」という人の方がスキルのプロフェッショナルになれる確率が高い。結果的に、「どこにでもいる、ただの知識人」を軽く凌駕してしまう。

知識は日々更新されるべきなので、記憶力が良いよりも、こまめに新しい情報を更新できる粘着力を持つ方が優秀です。

語学を含めて、現在通用している「弁護士や会計士その他の、知識で獲得できる資格」は役に立たなくなる。

薬剤師でさえ、既に、オートマチックに調剤できるシステムが確立されているのだから、ITが加速度的に進化してゆく新時代においては「知識頼りの資格」は通用しなくなる。SEでさえ、職を失う可能性は高い。

知識重視の教育システムは自然と消滅してしまう。

新しい技術は、知識や常識の枠を超えた自由な発想からしか生まれない。「周囲からダメだと言われた物が成功する」という事例は多数存在する。

現在では、テスラがその好事例の一つになる。

「素人が電気自動車を作る?」。滅茶苦茶な発想も受け入れられるアメリカでさえも、否定され続けたが、粘り強く追及して、新しい電池の出現を得て、今では時価総額がトヨタを超えてしまった。


既成概念を超えたテスラ車とCEOのイーロン・マスク。

彗星の如く躍り出たワークマンの経営理念は「しない主義」

1.社員のストレスになることはしない
残業しない。
仕事の期限を設けない。
ノルマと短期目標を設定しない。

2.ワークマンらしくないことはしない
他社と競争しない。
値引をしない。
デザインを変えない。
顧客管理をしない。
取引先を変えない。
加盟店は、対面販売をしない。
閉店後にレジを締めない、ノルマもない。

3.価値を生まない無駄なことはしない
社内行事をしない。
会議を極力しない。
経営幹部は極力出社しない。
幹部は思いつきでアイデアを口にしない。
目標を定め、ノルマを決め、期限までにやりきるは一切しない。
「頑張る」はしないどころか、禁止だ。

「機能重点主義と徹底した現場主義」は、これから消えてゆくであろう「虚栄とマウンティングを生む猿思考的トップダウン方式」の逆をゆく戦略、というか、これが本来の経営なのですが、これからは「知識偏重=学歴主義」によって破壊された経営を取り戻す時代になるということです。

日本を衰退させた元凶の一翼を担ったのがメディア(TVと新聞はもとよりジャーナリスト、出版)と大学(東大名誉教授の上野千鶴子をみるだけで充分)です。

眺望絶景の高級タワマンに住み、嬉しそうに高級外車と並んで撮影する程度の安物風情でありながら、「平等に貧しくなろう」とうそぶく女性が東大名誉教授なのです。

「東大に入るって、そんなに凄いこと?素晴らしいこと?」と疑問を抱かせる。

「頭脳優秀=人格優秀」は共産主義が社会を歪めるために打ち続けたプロパガンダであることは自明なので、まずDSの仕掛けた罠を破壊することから始めねばなりません。

「どこの大学でたの?」こういう愚かな人は相手にしてはいけません。肩書を見ないと相手の評価もできない愚鈍な人と付き合ってはいけません。

2.自由という価値観の楽しさと重さを実感する時代

新金融システムとベーシックインカムは、人々の価値観を一新するでしょう。「形より中身や機能を、常識より本質を、知識より体験」を重視する時代が訪れるでしょう。

同時に、「自由の楽しさ」「全てが自己責任という重さ」を知る時代になるはずです。「自己責任に帰結する考えは厳しい」という今の時代の甘えは粉砕される。

食は自然志向、健康志向。

お菓子や清涼飲料水、パンなど多くの化学物質まみれの食品は「不健康な不適格食品」とみなされて淘汰される。「安いから買う」「腹いっぱいになるものを食べる」という風潮は否定されてゆくでしょう。

居住はシンプルイズベストになる。

「豪邸志向は愚か」と一蹴され、「駅近などの利便性」か「広い庭付きの戸建て」に二極化されるかもしれない。

ファッションは機能性重視になる。

「安かろう悪かろう」は通用しなくなる。
ブランド志向は廃れる。

高価だけど、一流の職人さんが作った良い商品が売れる。特に、個人差が強くでるシューズにその傾向が顕著になるかもしれない。基本的に正真正銘のオーダーメイド(現在は偽オーダーメイドが多い)に人気が出る予感はする。

3.多くがIT絡みになってゆく世界では「人材の質」が命になる

「雇用は保障します。その代わり、生涯所得はそれほど高くありませんが、ガマンして下さいね」といえば労働者が喜んでいた終身雇用制は崩壊する。

働かなくても最低給付金が保証されているベーシックインカムの時代に、「安定雇用ですから、給料が安くても我慢してね」などいう企業に就職するわけがない。

新規、新奇のビジネスが多数勃発する「自由な経済体制下」では、理系や文系に特化した単眼経営方式では足元をすくわれる。

ティール組織のような「独立性の高いエキスパート集団の集合体」は成立せず、ワークワンのような「規律に縛られずに現場主義的対応のできる柔軟な組織」が基本になってゆくかもしれない。

現場に出れば世の中の動きが分かる。
マーケティング?
何それ。
終わった需要を解析してどうするの?

多くの既存的なビジネス手法は転換を余儀なくされる。
変化を追え!
忙しいけど、フレッシュな戦いが待っている。

人材が命の時代になる

変化に対応できる人材だけが組織で生き残る。
究極を追い求める人材だけが組織で必要とされる。

そのような多様性を秘めた世界へと変換されてゆくでしょう。

【追記:2021年3月2日CPAC2021トランプ大統領スピーチ】

ビッグテックは潰す。
全部潰す!

Amazon、Apple、Google、Facebook、Microsoft。

さぁ、大変革、大転換の時代。
頭を使ってビジネスチャンスを模索せよ!

速報:2021年3月1日金融リセット始まる!

金融リセット1日目 連邦準備理事会に臨界値の圧力がかかり、詐欺行為で人々から搾取してきた借金を返済しなければならなくなりますが、返済できるほどのお金は無いので破産します。

その波及はBIS、IMF、世界銀行や全ての国の中央銀行へと連鎖反応を起こして拡がっていき最後は全て破産します。

2月23~24日に量子金融システムに移行。
だから、24日にFRBが急襲を受けて送金停止。
3月1日からネサラが開始。
但し、これが発表されるのは3月15日以降。

QFSはスイスのチューリッヒから始まった!

3月1日、トランプ大統領はスイスにいた。
全ては準備万端ということです。

時代は風雲急を告げてきた!

QFSスタート。
次はDSマスコミ狩りになる!
首を洗って待ってろよ!

Amazon電子書籍税込み400円

第三次世界大戦のシナリオは30年前に起草され、20年前に確定された。それは人類が経験したことのない奇妙な戦争の始まりだった。飛び交う主力兵器は「見えない、見えづらい兵器」。mRNA、アドレノクロム、5G対応体内埋め込みナノチップ、ケムトレイル、モルゲロン、GMO、TR3B、HAARP、UPSL、宇宙軍、スターリンク衛星、量子コンピューター、AI連動CG、ゴムマスク、ダブル。多くの戦いは舞台裏で演じられる。表舞台はムービーのようなフェイクで彩られていて、真実と真相が隠され続け、その影で多くの人たちが殺される「見えない戦争」が展開されてゆく。

戦いの標的は家畜人類。だから、レプティリアンとかUFO、エイリアン、悪魔、人食いなどのSF的な言葉が乱れ飛び、奇妙なイメージを与える戦争になっているが、実体は、古代的な戦争形態なのだ。しかし、第三次世界大戦は国と国との戦いではない。旧態依然の権威と金融による古代支配とその破壊によって新しい権威と金融に基づく新世界を創成しようとする「人類社会の大潮流」ともいうべき正体不明の戦いである。だから、戦いの真相を知らないと気づくこともなく、何も知らない間に殺され、滅ぼされてしまう。