コロナワクチンとGMO(遺伝子組み換え食品)に仕掛けられた同じ罠

コロナワクチンに仕掛けられた罠とGMO(遺伝子組み換え食品)に仕掛けられた罠は同じ。共に狙いは人口削減と奴隷への適正化。プロセスは不妊化による人口抑制、虚弱化による寿命縮小、低知能化による洗脳に応じる奴隷化。効率の良い支配層のための食糧確保。

目次

フェイクコロナの罠はグレートリセット

考え方は共産主義。

少数の特権階級が多数の奴隷によって維持される世界。

分かりやすい事例は、DSの考えによって作り出された中国において顕著です。14億の人民を擁する巨大国家。しかし、年収10万円の人たちが2億人も。6億人の年収は20万円、3億人の年収は80万円。残りは9千万人のエリート共産党員から成る3億人弱の家族たち。彼らが中国の支配者層を形成し、贅沢三昧を謳歌している。


このような薄汚い図式。
基本は詐欺。

だから、支配者(詐欺師)たちを太らせる募金や寄付は「絶対のNG」と理解しておきたいものです。

共産主義の本家本元はDS(ディープステート)。

バチカン、金融資本、CIA、アメリカ民主党のグルグル絵巻。
中国は傀儡、半島は傀儡の下僕。

人口を減らさないと食料が枯渇する。
支配者層への食糧供給線を確保せよ。

まず、役立たずの奴隷と化した高齢者や障害者を消せ。
そのために彼らとの接触の多い医療従事者にワクチンを打て。


このやり方は「姥捨て山」と同じ古来の削減手法です

現在の中国の医療業界の「暗黙の了解」がこれです。

ある医師の告発「医療費を支払う能力のない身寄りのない老人や独居老人がICUに入った場合、医師が薬物を投与して秘密裏に殺している」。これが共産主義の実態です。

人口削減計画の第1次案は女性の不妊化と男性精子の減少化

これも敵国の威力を奪う支配の基本原則です。

エジプトではユダヤ人の増殖を恐れて初子を皆殺しに。
支配層と奴隷層の基本的な戦闘路線です。

ファイザー研究責任者の証言。
C19コロナワクチンの目的の一つは「女性の不妊化」。

この成長ホルモンが男性の精子を激減させています。

昔は、不妊は女性の問題と言われてきましたが、今は不妊の原因の過半数は男性の精子の問題になっています。

安いからと言って輸入牛豚肉を購入したり、外食チェーン店で食事されている人たちは、人口削減計画に乗せられている人たちです。

人口削減計画の第2次案は奴隷たちの病弱化と知能低下化

第2事案は奴隷たちの病弱化と知能低下化です。

知能低下がもたらす意志薄弱化によって洗脳しやすくなり、病弱化によって抵抗力が奪われ、さらに支配者層が運営する薬品業界と医療業界が潤い、低年収者からさらに搾取しようという企みです。

一番問題になるのは学校給食のパンです。
このパンに用いられている小麦粉が安価な輸入小麦粉。
もちろん、GMO(遺伝子組み換え食品)です。

世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業のモンサント社。

「日本は世界で最大級の遺伝子組み換え作物輸入国で、日本の遺伝子組み換え食品表示は世界の制度のなかでも緩いため、日本の消費者は知らないうちに大量の遺伝子組み換え食品を食べさせられている」

遺伝子組み換え食品によって生じた奇形のモルモットたち。

悪名高い除草剤ラウンドアップ。
知る人は知っている「スタバも使っているモンサント社」

スタバは悪魔崇拝のDSグループ。
スタバへ行って自称意識高い系?
スタバが高評価なのはTVの中だけ。
スタバ派は洗脳されている意識低い系です。

輸入小麦が怖いのはGMOもそうだけど、輸送途上で発芽しないために巨大ホースでドバドバ防腐剤を流し込んでいること。これを見た著名作家は「もうパンは食べられない。怖すぎる」とエッセイに書いていました。まさに、知らぬが仏。

なぜ、テレビがいつもパンの話題を放映しているのでしょうか?

それはパンを買わせて日本国民の知能を劣化させたいから。無思考者に育て上げれば、ボーとTVを観てくれる良い顧客になってくれるから。

「パンが大好きなんですぅ」

こういう女子を嫁にすると後悔しますよ。食事が見境なくGMOや添加物だらけ。本人も頭がよろしくないけど、子供もそうなる。子供の頭の良し悪しを左右するのはDNAではなく生活環境なのです

パンは最悪。
菓子パンはさらに最悪。
ヤマザキのパンは特に最悪。

「ヤマザキパン社長→ヤマザキパン食わない」
このような投稿もあります。

ちなみに、コーラの社長はコーラを飲まない。
マックの社長はマックを食べない。
なぜなのかなー。
ちょっと考えてみよう。
ヒント1:知っている人は知っている。
ヒント2:ファイザーの社長と役員はワクチンを打たない。

ファイザー元副社長 → 絶対打つなと警告。

但し、良いパンもあります。

良いパンの条件

(1)国産小麦粉を使用。

(2)スクラロース、アスパムテール、マーガリンなどの人工物が入っていない。

(3)全粒粉である。
全粒粉は玄米と同じで栄養価が高く、かつ、太らない食材です。

GMOや人工甘味料などが悪い最大の理由

それは「腸」に悪影響を及ぼすから。

腸は受胎後の細胞分裂で最初に造られる部位です。あらゆる臓器の中で最も重要な部位です。

腸が最重要な部位である理由。

(1)原初の脳である。

頭脳は情報を整理して再発信するだけのサーバーにすぎません。
思考できる脳は腸だけです。
だから、腸は最大のチャクラとリンクされているのです。

(2)免疫細胞の70%を作り出す部位である

(3)セロトニンを生成する部位である。

セロトニンは精神の安定と安眠をもたらすホルモン(神経伝達物質)です。これが不足すると情緒不安定になったり、睡眠不足に陥ります。元気が失われ、主体性が奪われ、たやすく洗脳されてしまいます。情緒不安定者や睡眠不足の人で優秀な人は存在しない。

思考がはっきりしていると、人は群れることはしない。

トランプ大統領が就任した時、トップフェイクメディア朝日新聞系のニューズウイークジャパンは「馬鹿に大統領は務まらない」と罵声を浴びせたけど、トランプ氏は全米チェスでチャンピオンになったほど聡明な人物です。

彼は言っています。「賢い人は群れない」と。逆にいえば、頭の良くない人たちは群れるということです。群れてフェイクニュースにさらに踊らされて奴隷にされる。

弱者は弱者同士で群れ、さらに弱者化される。
これは人類不滅の法則かもしれない。

(4)腸は造血機能も持っている。

「造血担当は骨髄」は定説ですが、実は、腸も造血能力を持っています。

千島喜久男博士が提唱した「腸造血理論」は長らく否定されていましたが、2018年、腸移植を受けた患者21名を5年にわたって追跡調査してきた米コロンビア大学のメーガン・サイクス教授らの研究チームは、腸造血理論を認め、その研究論文を幹細胞領域の専門学術雑誌「セル・ステムセル」で発表した。

腸は最重要な部位なのです。
その腸内フローラを破壊するのがGMOや人工甘味料などです。

パン、お菓子、清涼飲料水、冷凍食品、コンビニ弁当、輸入食材を取り続けていると、あなたの脳はお花に変えられてしまいます。現在、多くの日本人の脳がお花化されています。

脳のお花化がどれだけ支配者層にとって有利なことなのかは、イギリスと清の阿片戦争で明らかです。

イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍のジャンク兵船。

阿片を売りつけて巨額の富を奪う。
阿片に溺れた清の抵抗力は弱い。
これと同じ構図が日本とアメリカを襲っている。

薬品・医療・金融が三位一体化されたDS。
この罠にハマってお花化される民衆。

煙草を攻撃しているのは大麻化させるDS戦略

タバコより依存性の高い大麻の方が儲かる。
DSの有力な資金源が麻薬なのだ。

そのことはアドレノクロムによって明らかになっている。アドレノクロムとリンクされているのがハリウッドとディズニー。

ハリウッドの支配者はCIAと人身売買組織。

「ハリウッドは子供の血を吸う寄生虫のたまり場だ。赤ちゃんの血はハリウッドでは人気があり、それが通貨のように扱われている。ハリウッドは組織化された幼児性愛組織だ。ハリウッドの全ての映画スタジオは無垢な子供の血のお金で売り買いされている」

HOLLYWOODならぬ、PEDOWOOD。

そう証言したアイザック・カッピーは高速道路で死体となって発見された。

ついに、アメリカメディアも公開し始めたペドフィリア(幼児性愛)のシンボルマークディズニーランドで多用されていることでも有名。


グアンタナモ収容所に送られる犯罪者たちのコラ画像の中にブラックミッキーマウスも描かれている。

ベジタリアンやヴィーガンを取り上げるテレビが多い理由

これも、民衆を病弱化させ、高齢になる前に葬り去るDSの人口削減計画の一環です。

江戸時代の精進料理を食していた正統な僧侶たちも短命だったけど、栄養バランスの悪いベジタリアンは栄養失調を患って長生きできない。平均で寿命が20年縮まるという説もあります。

ベジタリアン推しがDSの薄汚い戦略と分かれば、なぜヴィーガンがアンティファやBLMのような暴力に走るのかが理解できるはずです。彼らの根っこは同じなのです。

劣悪極まる中国と韓国の食材

二つの国は親分と子分の関係にあり、その国民性は酷似しています。共に、人肉や犬、猫の肉を食べます。共に、衛生観念が著しく欠如しています。

糞尿だらけでも平気な民族性。朝鮮半島には、トンスル(똥술、糞酒)と呼ばれる人糞を使った薬用酒もあります。

中国が作るキムチの現場。

このような食材がスーパーやコンビニで売られ、外食チェーン店で用いられています。

マクドを含めて、これらの食材やジャンクフードを食べ続けている人たちは、封建時代の農奴(小作人)と何ら変わらない。搾取されるために生かされている人たちと言って過言ではない。

今の中国人民10億人も実質的農奴だし、年収450万円以下の日本人も農奴以外の何物でもない。

常に日本刀を持ち歩いているキアヌ・リーヴスは叫ぶ。
「目を覚ませ、サムライ!」

そう、覚醒すべきは役立たずの農奴たちではない。
七人の侍なのだ。

七人の侍と共に戦える庶民たちなのだ。
それだけで日本は立ち上がれる。

高杉晋作が率いた奇兵隊は町人や農民だけの部隊だったが、正規の長州軍を破って政権を奪取した。

人口削減計画の第3次案はワクチンによる人工生物兵器化

もう既にご存知のようにコロナウイルスなどは存在しない。
これはバイオハザードのようなムービーにすぎない。

感染者数も架空のゲームにすぎない。

嘘八百の感染者数を毎日流し続けるとお花脳は嘘を本当と勘違いしてパニックを起こす。農奴を脅して働かせるのと同じ暴力的な手法だ。

そして、恐怖の力を借りて、彼らを従順な羊に変えて誘導する。特別な手法ではない。伝統的な農奴狩りのテクニックにすぎない。

そして、存在しないウイルスを防御するという、これも嘘八百の怪説を垂れ流し続けてマスクをつけさせる。マスクは酸素濃度を低下させ、あらゆる病原菌が付着した雑巾のような、いわば拷問による衰弱を狙った戦略と同じだ。

さすがに、もう、詐欺行為が見破られだした。世界各地で反マスクのデモが起こり、「本当のウイルスはメディアだ!」というプラカードまで現れだした。

ロックダウンに反対し、「マスクを燃やせ」「メディアこそがウイルスだ」とデモを仕掛ける世界各国の民衆。しかし、もう手遅れかもしれない。

フェイクコロナ、フェイクマスクの目的はコロナワクチンを接種させることだから。ワクチンを接種すると体内で「新型ウイルス」が生み出される。これが「コロナ変異種」だ。そして、体内で増殖された「リアルコロナウイルス」が放出される。


お分かりだろうか。問題は中国製ワクチンではない。全てのワクチンが人を「変異種拡散のゾンビ」に変身させる。だから、最大規模の感染拡大が引き起こされる。

ここからが本番なのだ。

ワクチンを接種された数千万人のゾンビがさらにゾンビを生み出し、リアルパンデミックが始まる。そして、彼らの寿命はマックス5年だ。5年経つとこの世から消えるが、彼らが消えてもゾンビは増殖され続ける。

これを知っていた、AAPS(米国外科医学会)の前会長であるリー・メリット博士は、「mRNAに仕掛けられた罠は、体内で増殖しながら、2年後に『何か』を放出する。コロナワクチンを接種することによって、あなたは『ウイルスを拡散させる生物兵器』に変えられてしまうのです。ですから、『ワクチンを打つのは個人の自由だ』と言っている人は、あまりにも無知であり、あまりにも危険な考え方であると理解すべきです」と警告していたのだが、どうやら間に合わなかったようだ。

人工コロナパンデミックはどこまで食い止めることができるのだろうか。このような、闇に操られた末路についてヨハネの黙示録(13:10)はこう告げている。

「耳ある者は、聞け。
捕らわれるべき者は、
捕らわれてゆく。
剣で殺されるべき者は、
剣で殺される」

神の奥義書黙示録は愚か者の死に涙しない。

変異種に対して日本人がどれだけ免疫力を持っているのかは不透明です。インフルエンザでさえ、毎年、1千万人が感染し、1万人が死んでいるのですから、これより低い被害に留まるとは思われない。しかし、こうなっては自力自助に頼るしかない。

マスクを捨てろ。
マスクをしろと叫ぶ工作員はぶっ飛ばせ。

無意味なPCR検査は拒絶せよ。
ワクチンを打てと叫ぶ人は殺人者だから告訴せよ。

免疫力を高めよう。

腸内フローラに有効な発酵食品をメインに自然な食品を食べよう。ベジタリアンはよくない。肉、魚、野菜、果物をバランスよく取ろう。

睡眠を取ろう。

新聞とテレビ、ネットニュースはNGで。

中国人や半島人が書いている新聞は読むな。在日半島人、創価学会、共産党員ばかりが出ているテレビは観るな。密入国者を祖父母に持つ在日犯罪者が作ったソフトバンク系、韓国系ヤフーニュースを観るな。

薬と医療への盲信と依存を止めよう。

抗がん剤も「病気を促進させる危険薬物」と指摘されている医師も多いけど、抗うつ剤も危険な薬物です。

「未成年では自殺リスクが2倍に高まり、暴力性は平均 8.4倍高まるとされています。自動車事故の危険性が 70%高まるという報告もあります。 薬をやめようとすると、めまいや知覚障害といった、離脱症状が現れるため、薬漬けになる人が少なくありません」

抗うつ剤は麻薬とみなしておくことも大切です。

正しく敵を認識し、正しい戦い方をし、正しい生活を送っていると必ず勝利は得られる。

世界中がそのような方向に進んでいる。

「絶対に負けられない戦い」に負けるわけにはゆかない。

我々は、これからアメリカと手を携えて世界に貢献すべき貴重な民族なのだ。

HUNTERS BECOME THE HUNTED.
狩人は狩られる側になる。
これからは、我々が狩人になる。

THE HUNT IS ON.
狩りが始まった!

Amazon電子書籍税込み400円

2020年アメリカ大統領選挙は負けるための選挙だった。トランプ氏はホワイトハウスに「ジョー、分かっているだろう、私が勝ったということを」と書き残して去って行った。負けた方が勝った。しかも、そのとき、既に新大統領のはずのバイデンは偽物だった。

アメリカ民主党の黒幕DSはフェイクコロナとバチカンドミニオン、CCP郵便投票、トランプ氏の投票をバイデンに変更するCIAプログラミングを繰り出して勝利を勝ち得たに見えたが全ては仕組まれた罠だった。トランプはプーチンと手を組み、UFOTR3Bが飛び交い、電磁パルス砲HAARPが撃ち込まれた。極限戦を制したのは誰か。

バチカンは陥落し、ワシントンDCは消え失せ、CCPは破産直前に追い込まれた。アメリカ合衆国は消滅した。ビッグテックとオールドメディアは倒され、大量の逮捕者がグアンタナモに送られた。FBIとCIA、ハリウッドとディズニーは終焉を迎えるだろう。

フェイクマスクとフェイクニュースがあふれ、人々は何が何だか分からないフェイクワールドと化した世界で、或いはムービーのような世界でコマのように踊らされていた。毎日起きている日々の出来事を現実に起きているかのように観せられて人々は暮らしていた。

金融システムそのものが量子コンピューターとブロックチェーン、人工衛星を融合させたQFSに統合された。ネサラとゲサラがアメリカとロシアで発令され金融界に断末魔の悲鳴が轟き渡った。全ては作戦通りだった。

そして、新しいインターネットワークが築かれるべくイーロン・マスクがトランプ・プロジェクトに組み込まれ、スターリンク衛生が打ち上げられた。とんでもなく新しい時代、世界大転換の時代がやってくる。