「ブログ」カテゴリーアーカイブ

The book of Deciphering The Apocalypse Vol1

Table of contents
Chapter 1: The mission given to Peter and the brothers James and John.
Chapter 2: The Apostle John, who was shown supernatural phenomena in the heavenly realm.
(1) The four living creatures.
(2) Six Wings.
(3) The Seven Seals.
Chapter 3: The Two Witnesses.
(1) Forty-two months’ code.
(2) Unraveling the code of the three and a half days.

 

Chapter 1: The mission given to Peter and the brothers James and John.


The original author of Apocalypse is the only God, and Michael the Archangel Chief and Gabriel the Angel Chief took on that task. The apostle John was entrusted with the writing of the Apocalypse. As it is written in Matthew 17:1, Jesus took with him Peter and the brothers James and John up to a high mountain, where he gave each of the three men a special mission.

Before I explain to you what the “three missions” are, there’s something you need to know. It is the mission given to Jesus. What was the purpose of Jesus’ descent? It was to unify the religions of Europe with a new monotheism, to eliminate religious strife with each other, and to further The purpose is to facilitate communication with each other. In other words, it is to lay the groundwork for the future establishment of the Europe and America and the EU.

There are two things that need to be done to achieve this. One is to destroy the old monotheistic religion, Judaism, and the other is to destroy the ancient religion of polytheism. In other words, the mission entrusted to Jesus was the evolution of religion, that is, the change of government of religion. That is why the two crosses were needed. The cross is not the tombstone of Jesus.

Examples of other articles.

Decrypt the message of the apocalypse hidden in Leonardo da Vinci’s The Last Supper.

Please read the rest in the book.

(1) The four living creatures.

Chapter 2: The Apostle John, who was shown supernatural phenomena in the heavenly realm.

(1) The four living creatures.


The mission given to the Apostle John was to write the book of Revelation. He was detained in Patmos for the crime of spreading the teachings of Jesus. Patmos is a rocky, barren land. The situation in Patmos, where there are few people, is similar to the high mountains, where many people do not pass. Here, John was caught up to heaven.

That this supernatural phenomenon was real is attested to by Paul. He writes in Chapter 12 Section 1 of 2 Corinthians as follows. “I know a man in Christ who fourteen years ago was caught up the third heaven. Whether it was in the body or out of the body I do not know, but God knows.”

Paul wrote this letter in 54 years when he was in Macedonia. Thus, fourteen years before that, if we calculate by the method used at that time, John was caught up to the third heaven in 41 years. 41 years is the year of “change of government”, when the third Emperor Caligula was killed by the Guard and the fourth Emperor Claudius was born.

You can’t decipher the book of Revelation, if you don’t understand the key word: regime change. You can’t decipher the significance of the two crosses or the when the Apostle John died. More to the point, Gaius Suetonius writes in De vita Caesarum. “Titus Flavius Vespasianus passed away two years, two months and twenty days after succeeding his father, Vespasian.” This implied statement should not read lightly either.

Please read the rest in the book.

(2) Six Wings.


The four  living creatures had six wings. The eagle in the book of Revelation means Zeus. Zeus was enthroned in the Great Temple of Jupiter in the capital, Rome, as a state god. The eagle is the state, and the wings that carry the eagle signify the emperor who running the State. The Roman emperor was regarded as an incarnation of Zeus in the administration of the rituals.

The eagle is the national emblem of the Roman Empire (shown at left). The United States of America has also designated the two-headed eagle as its national emblem, as seen in the figure to the right. When the Apocalypse was written, America wasn’t even a shadow of its self. So some might think, “Why is the United States of America involved in the book of Revelation?” However, since the United States of America is the heir to the Roman Empire, it’s only natural that the book of Revelation mentions. In other words, the prophecy of Revelation extends to the United States of America.

The book of Revelation divides human history by 2000 years. The first 2000 years period begin in 4000 B.C., when Mesopotamia was divided between Sumer and Akkadian rule. The two ethnic groups died out at the same time in 2000 BC. In their place, the Amorite, whose birthplace was the Iranian plateau ruled Mesopotamia.

Please read the rest in the book.

(3) The Seven Seals.

The seven seals are “an inventory of those who are to perish,” but just as the seven kings were described as six wings, in the world of Apocalypse, “seven = six.” Thus, “The seven seals” are properly “The six seals.” Those who tell us that “seven is a holy number” or “seven deadly sins” are blaspheming the Bible. They must be prepared being exiled into “outside the holy capital called hell.”

I saw that the Lamb opened one of the seven seals, and I heard one of the four living creatures saying, as with a voice of thunder, “Come and see!” And behold, a white horse, and he who sat on it had a bow. A crown was given to him, and he came forth conquering, and to conquer (Revelation 6:1).

Thunder is the power of Zeus, the Roman god of the state. The rider of the white horse was called by Zeus “come!” It means that he is not the servants of God, but the person of the Roman Empire. In other words, those who ride the four horses are not holy men.

As a testimony to this, the book of Revelation describes the Holy One riding a white horse in chapter 19, verse 11. ” I saw the heaven opened, and behold, a white horse, and he who sat on it is called Faithful and True. In righteousness he judges and makes war. The armies which are in heaven followed him on white horses, clothed in white, pure, fine linen.

Two riders on white horse are not the same. This is the “Intricate technique” used in both the book of Revelation and the book of Genesis. If you are misled by this technique, you will be led to the false interpretation that “they who rides the four horses is holy.” If you can see that this is the “Intricate technique,” you can decipher the sentence of apocalypse correctly.

Chapter 3: The Two Witnesses.

(1) Forty-two months’ code.


“A reed like a rod was given to me. Someone said, “Rise, and measure God’s temple, and the altar, and those who worship in it. Leave out the court which is outside of the temple, and don’t measure it, for it has been given to the nations. They will tread the holy city under foot for forty-two months” (Revelation 11:1).

The number of people who fell into the demon world where was told “the outside of the temple” and the number of non-Christians who are Gentiles do not measure it, because it is not worthy to be measured. The numbers in the book of Revelation became only a shape by this rule.

“They will tread the holy city under foot for forty-two months. I will give power to my two witnesses, and they will prophesy one thousand two hundred sixty days, clothed in sackcloth” (Revelation 11:2).  Who are the “they” that The Revelation tells us? This  the sentence of apocalypse has a “twofold artifice” in it.

One is the Gentiles (pagans). Thus, we must find two Gentiles. One is the Holy City, which also has two Holy Cities. This is because “the Gentiles and the Holy City” are different from each other, depending on their positions.

Examples of other articles.

Only Paul Gustave Doré was able to portray the cross of Jesus correctly.

The Fall of Troy involving “The Two Witnesses.” Will you be able to solve this mystery?

Please read the rest in the book.

(2) Unraveling the code of the three and a half days.


“The code of the three and a half days” has already been explained. Jesus died at three o’clock in the afternoon, which is just a staging of the sentence of Apocalypse to coincide with the burial of the sacrificial lamb at the Passover.

The book of Revelation tells us, “With this code, look at the cross of Jesus superimposed on that of Peter. In other words, who killed Jesus? It tells us that the murderer is same people who killed Peter and Paul.

A strange peculiarity is found in the murder of Jesus. It is the fact that no one in the position of the king was involved in the murder of Jesus. Herod the Great failed in his attempt on the life of the infant Jesus, and Herod Antipas, the lord of the time who was present at the crucifixion, did not condemn Jesus.

For Pilatus, the imperial representative sent by the Roman Empire to represent the emperor, God sent an angel to his wife’s dream. If he even an agent, he was involved in the murder of Jesus, the prophecy (scenario) of the Apocalypse will collapse.

The book of Revelation says that “The murder of the two witnesses was planned by Roman priests who wanted to prevent the spread of the Christian faith.” However, the Roman people were not, like the Jewish people, were danced by the priests’ plan. This is the difference between the Roman people, who were governed by loosely binding religion of polytheism, and the Jewish people, who followed the teachings of strict monotheism.

Examples of other articles.

“Thumbs Pointed Down” by Jean-Léon Gérôme.

Please read the rest in the book.

 

日本人の死生観:死ねばどうなるのか

死ねばどうなるのか

「死ねば肉が腐って無くなるだけだ」日本固有の死生観ではない。創世記にも「君は土から造られた。君は塵だから塵に帰るのだ」と書かれている。人と肉。実は別物。ほとんどの人は、ここが分かっていない。肉は人がいなくても生きられる。人の死後、肉は1年以上生き続けられる。

人の肉体は独自のシステムで運営されている

単細胞生物の行動は、刺激に反応するだけのプログラムではない。単細胞の動きには個性がある。自律的な動きをする。そして、平均的な男性の細胞の数はおよそ30兆個。ヒトの細胞以外の細胞(細菌)の数は40兆個。いずれも、ヒトの意思に関係なく独自のシステムで動いている。人と肉は別物。

人もDNAもウイルスも寄生的な存在である

利己的遺伝子説を提唱した行動生物学者リチャード・ドーキンス(Richard Dawkins)は、肉体を「DNAの乗り物」と考えた。寄生者はDNA、宿主は肉体。ほぼDNAの存在であるウイルスも同じ。そして、ヒトの本体も同じような寄生者。「人と肉体は別物」と理解していないと充実した人生は送れない。

肉体を操る脳内設定法は、より良く生きるための必須スキル。

自分は若いと思い込むことで、実際に脳が活性化、実年齢よりも認知能力が高くなる。自分は健康であると思っている人は、うつになる傾向が低い。古いミツバチに若いミツバチの仕事をさせると若返った。楽な仕事をすると幸福感が落ちて、老化しやすい。肉体を操る術は必要です。

人にとって長寿は良い戦略なのか、ただの依存性なのか

長生きは良い戦略なのか。ヒトはなぜか不老不死を願う。日本最古の物語である竹取物語では、帝はこれを否定している。秦の始皇帝は不老不死を願ったらしいけど、俗物の考え方と一蹴できる。生物の多くは短命の生き方を選択している。転生の現実を知っているから?若々しい生命体で迅速に転生する方が良いに決まっている。

肉は進化を望んでいないが、魂は常に進化を志向している

その一方で、「豊かな経験値を持った方がより人生を楽しめる」というのも事実である。生命体は現状のままの繁栄を意識しており、危機的状況にない限り、過度のエネルギーロスとなる進化は望んでいない。

しかし、人類は常に進化を志向している。タキトゥスは、この二面性を的確に表現している。「民衆というものはいつも政変を待ち望みながら、しかもそれを恐れている」。聖書にはこう綴られている。「心は燃えても、肉体は弱い」(マタイ26の41)。

生物の多くは生死にこだわっていない

人だけでなく、全ての、否、ほとんどの生物は転生輪廻する。時間は相対的なもので、「時間」と呼ばれるべき事象は存在しない。従って、その生命体にとって一生が長いか短いかは、その生命体以外には理解できない。

例えば、単細胞の藻が多細胞の藻へと画期的な進化をすることがある。その期間は、僅か1年であるが、藻類にとっては、750世代に相当する。人類の1世代を50年と短く見積もっても、およそ3万8千年の歳月に相当する。

基本的に、生物の多くは生死を重視していない。死ぬときは死ぬし、生まれるときは生まれる。環境が変化して「育児が困難である」と理解すると雛や幼体を見捨てる。つまり、生物の死生観は「無理して生きる、無理しても生きたい」と考えていないように思われる。

転生輪廻の真実を書いておきたい

エビデンスも何もないけど、哺乳類以外の生物のこの世とあの世は同居しているように思われる。つまり、この世の肉体が死ねばあの世に行き、この世で生命が生まれればあの世から来る。生死の明瞭な区別がないように感じる。

人は肉体が生命機能を失えば、魂魄が離脱してあの世に帰る。そして、多くの人は相対的時間に換算して、僅か10年あまりでこの世に転生してくる。

続・転生輪廻の真実

転生は胎児のときに行われるのではない。だから、「中絶は罪だ」というのも、「水子の霊がいる」というのも間違いである。転生は、個人差はあるが、4,5歳ぐらいの人体に宿ることが多いとされている。魂魄が寄生するまでの人体は、文字通りの生物であり、それゆえに自我の目覚めがなくてかわいい。

多くの人が4、5歳までの記憶を持っていないのは不思議な現象です。それなのに、この答えを導き出した人がいないのは、人の魂が寄生的存在であることや転生輪廻の実相を知らないからです。

例えば、肉が5歳児の時に魂が入ってきたとすれば、5歳までの記憶は肉に格納されていても、魂の中には存在しないので、魂(人の本体)は記憶を取り出せない。そのような話です。

時として、「2、3児の時の記憶がある」という人が現れますが、ほぼ全ては、「夢のような脳内捏造現象」です。稀に、憑依現象が疑われる事象もありますが、原理的に言って、魂が肉に寄生する、すなわち、転生するまでの期間の記憶がないのが通常のはずです。

転生においては国も性別も固定されてはいない。前世で白人に寄生した魂が、今生では黒人に寄生するということや前世で男性だった人が今生では女性に寄生したということはありふれた事象でしかない。人種差別?男女差別?だから、人類はいまだ「下等生物でしかない」とみなされている。

死後の世界はどうなっているのか

人の肉体は多細胞体なので、寿命を迎えた後は分解されて、最終的には土に還る。一方、人の実体である魂はどうなるのかといえば、ごく簡明に、二つの道を歩む。

一つの道は「地獄に堕ちる」です。あの世の実相を少しは体験している私が助言や聖書などから導きだした、「地獄に堕ちる条件」を記してみたいと思いますが、その前に、「間違っている常識」について綴ってみたい。

「人を殺したら地獄に堕ちる」は間違いです。それでは、国を守って戦った軍人や兵士が浮かばれない。人を殺すという行為より、その人の想念が天国行きか地獄行きかの判定基準になります。

地獄に堕ちる可能性が極めて高いのは、次の三つの条件にあてはまる人たちです。(1)偽善者、(2)怠け者、(3)自殺者。ここで、「聖書が告げるイエスを殺害した人たち」を思い出していただきたい。聖書の記述は作為に満ちています。

聖書は、ユダヤ王国の領主とローマ帝国の総督に、あえて、「イエスは無実だ」と語らせています。そして、聖書が告げたイエス殺害の犯人は、ユダヤ教の祭司、長老と御用学者、扇動された民衆だった。

祭司の罪は重い。理由は偽善者だから。偽善者(嘘つき)の罪は重く、現実に地獄に叩き込まれた僧侶や祭司は少なくない。権力に媚びる守銭奴としての長老や御用学者の罪は意外と軽い。しかし、怠惰と遊興に溺れて無意味に生きてきた人の罪は想定外に思い。自殺者は、ほぼ、問答無用で地獄に送り込まれる。

続く。

らくらく動ける意識術脳内設定瞑想法
 
電子書籍880円

 

 

 

 

 

アフターコロナのIT世界を知っておこう

コロナ騒動前の世界には戻らない

1年後にはコロナ前に戻ると考えているのが一般庶民。経営者でも2~3年後には元に戻ると考えている。しかし、もうコロナ以前の世界には戻りません。

「突如、既存の路線が終わってしまった」と考えておかないと大損をしますよ。

世界各国、テレワーク普及で通勤者は半減する

アフターコロナはテレワークで激変します 。

リモート、テレワークのデメリットは多々あるにしても、事務系一定数(MAX50%)に対してのこの流れは後退しない。

既に、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、向こう10年間で社員の大部分を在宅勤務に移行する方針を示している。

例えば、都内の賃貸料は1坪(本間2畳)2万、丸の内などの1等地では5万。共用部を入れると1人4万~10万、プラス交通費。

リモート に適した業種が、続々と東京高層ビルから退去予定。

社員40人規模で年間1200万円が削減されるとか。

東京電脳砂漠化は着々と進行中。なお、シェアオフィスでの作業を禁止している企業は少なくない。

電脳化に出遅れた個人と企業は苦戦を強いられる

テレワーク氷河期 の到来。
IT音痴、PC音痴の阿鼻叫喚。

新人不要の超絶就職氷河期。
一般事務職希望のノースキル族の絶滅。

都心通勤者半減に伴うアパレル、飲食、遊興などの需要半減。
この種に属する勤務者のリストラ。

リモート、テレワーク在宅勤務悲劇

テレワークは、付きっ切りの業務指導になるので、仕事ができるできないが的確に判断される。

さらにいえば、浮いた賃料や交通費上乗せで、地方の有能な人と契約できる。「正社員も新人社員も少なくていい」という方向性が高まるということです。

出社しているだけで給料を貰えた妖精さんたちは、確実に弾き出されるだろう。

これからどうすべえ?
惰性を貪っていた妖精たちの運命やいかに!

この流れは変わらないので、一日も早い対応策が望まれます。

勤務地は問われない。

一流企業や学歴ブランドもタワマンの如く夢幻化する。

社員であってもクラウドワークス化する。

スキル次第の実力社会が到来するテレワークショック 。

ここで路線は二極化する。
IT系かAI化できない資格系や実技系か。

一生ものの運命の分かれ道なので、イージーな方に逃げると一生ものの大損をしてしまう。

アフターコロナはITの世界

アフターコロ ナ は、IT化 が促進されることは必至。

最も求められる企業は、中小零細企業。

IT丸投げで時間と金銭を浪費することは避けねばならない。

IT業界は想像以上に胡散臭いというか社会的無知人が多い。

自力で社内SEを育成するべきです。
これは意外と難しくない。

少なくともHP、ECサイト、アプリ程度なら3か月もあれば社内SE を育てあげられる。

外国語表示も簡単にできる時代です

英語表示は難しくない。

DeepL翻訳をベースに、Google翻訳、英文チェッカーを使い分け、かつアメリカネイティブも組み込む。

注意事項はイングリッシュとアメリカンを区別することです。

DeepL翻訳はドイツ製なので、ベースはイングリッシュになっている。イングリッシュとアメリカンは、想像以上に違っていることを理解しておきたい。

アメリカンはアメリカとカナダ、フィリピンだけ。

なので、ネイティブチェックはアメリカとカナダの二国在住者に限定するべきで、日本人翻訳者は機械翻訳上級者ぐらいに考えておいて大きな誤差はない。

社内SE人材の条件

①30歳までの若手であること。
②頭脳は並み以上レベルでOK。
③講習はお金と時間のムダなので不要。

④3日だけ、それぞれ3時間、HTML、CSS、PHP、JavaScriptを教えてくれるフリーランサーを会社に呼ぶ。

1か月もあれば自力で覚えられる。

その後は、適時、時給3~5千円程度で必要なプログラム(ほぼ、オープンソース)を教えてもらえばいい。

要は、プラモデルを組み立てるのと同じなのです。

画像に関しても、必要に応じて「有能フリーランサー」に教えてもらえばいい。

今の時代、社内SEは簡単に育成できますよ。

BtoB、BtoCは自前でやるのがこれからの大前提。

専門サイトでは「マーケティングの知識が求められる」としているが、このような考え方自体がもう古い。

トレンドを読み取っていては遅い。
後出しでは、これからは勝負にならない。

だから、仕掛けよう。
SNSだって架空フォロワーで700万人作れる。

これを徹底してやっているのが中国人と韓国人である。

だから、SNSのいいねやフォロワー数を信じていては、マーケット情報を誤ってしまいます。むしろ、「こいつらは怪しい奴ら」とみなした方がいい。

日本人は、いつのまにか、「脳みそプリンの行儀の良いおこちゃま」にさせられてしまっている。

自然とそうなったのではない。

じわじわと洗脳されてそうなった。

だから、簡単に自粛厨たちが造られてしまう。

ここは強く自覚していないといけない。メディアは反日の通称(通名)日本人だと理解しておくべしです。

プロパガンダ工作企業の実態

架空のSNSアカウントを作成し、左翼と右翼の両方になりすまして世論を形成する。「右翼向け」と「左翼向け」、それぞれのアカウント計12個を巧みに使い分けていた。

右翼向けアカウントと左翼向けアカウントを戦い合わせて、右派と左派両方のユーザーからの信頼度を稼ぎ、注目度を上げて誘導するという手法です。

中国のプロパガンダは国策

中国は1999年に既に、『ルールのない戦争をどの分野でも仕掛ける』と公言している。

トヨタ、パナ、三菱などはそれに屈し、伊藤忠は中国ホルホル真っ盛り。これが「哀れな日本人の実態」なのです。

何が世界のトヨタやら。
どこが天下のパナソニックなのか。

お金にひざまずく醜い日本人そのものでしかない。

全世界全方位何でもあり。

日本人も、いい加減、虚弱乙女体質から抜け出さないとフェイク戦争に負け続けてしまう。


東京、大阪、北海道、沖縄は、既に、反日侵略者の手に落ちていると言って過言ではない。選挙に行かないと反日組織票によって蹂躙されてしまう。

「選挙は既に戦争」という状況にある。

経営者も政治とSNSに関心を示さないとじわじわと侵食されてしまう。「お金儲けを考えることがビジネス」という時代は終わりつつある。

事例の一つがメッシュ素材メーカー「くればぁ」です。

「くればぁ」が販売する「日の丸マスク」が骨の髄まで反日タレントの室井佑月氏(50)による「これを作るのに、コストどのくらいあがったんだろう。こんなことより、枚数だろうに」というSNS攻撃に簡単に屈して販売を中止した。SNSに無知な経営者が多すぎる。


米山弁護士は前新潟県知事です。
恐ろしい話です。

北条風林のTwitter。

Twitterは最も真実の情報が多いSNSなので、経営者は参加してみる価値があります、というより参加しておくべきです。

世界はIT情報戦という実質戦争状態にある

「Google翻訳を使うな」という会社もある。
情報を抜かれるからです。

キーワード紐付きでAIに落とされる。
LINE、TikTok、Zoomなども要注意です。

Zoomによる盗聴のリスクを考えておこう

「Zoom」のWindows版クライアントに脆弱性、認証情報を盗まれるおそれがあります。

(1)ビデオ会議ツール「Zoom」の「Windows」版クライアントについて、攻撃者がグループチャットのリンク共有機能を悪用した場合、リンクをクリックした人のWindowsのネットワーク認証情報が漏えいする可能性があることが、セキュリティ研究者の調査で明らかになった。

(2)Windows版ZoomはUNC(Universal Naming Convention)と呼ばれる、ローカルのWindowsネットワーク上の資源にアクセスするための文字列もハイパーリンク化してしまいます

つまり、”\\ホスト名\共有名\パス”といった文字列もアクセス可能なアドレスとして外部に共有してしまうため、これをクリックすればコンピューターはローカルにある場合と同じようにリモートからアクセスを試みます。

(3)会議ごとに入室セキュリティコード(パスワード)を設定し、会議の参加者はこのパスワードを入力しなければ会議にアクセスできないようにするなど、厳格なセキュリティオプションを設けた運用が可能なのかもポイントです。

テレワークを狙ったサイバー攻撃が激化

いま、数えきれないほどの人々が、個人所有のノートパソコンを、セキュリティ対策が施されていない自宅のネットワークにつないで、仕事用のファイルにアクセスしている。それらのファイルの多くには、極秘情報や個人データが含まれている可能性が高い。

サイバー犯罪者にとっては、願ったり叶ったりの状況だ。ハッカーは、たったひとつの侵入経路にアクセスするだけで、ネットワーク全体を手中に収めることができる。いったん侵入してしまえば、データや極秘情報を盗めるし、あなたをネットワークから締め出すことも可能だ。

米国防総省を顧客に持つ、米国の最大手防衛企業ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)のネットワークにハッカーが侵入したとき、ターゲットにしたのは、リモート勤務していた職員だった。それだけ大きな組織のシステムにハッカーが侵入できるのであれば、セキュリティ対策が不十分なリモートワーカーなど、ちょうどいいカモだと考えられているに違いない。

引用元:Forbes Japan

テレワーク実施の実態(2chまとめ)

テレワーク歓迎派(およそ6割の甘々感覚)

「ビデオ通話中に鼻ほじりそうになる」
「会社にカワイイ女の子がいるから会社に行きたい! 」
「8時間ガッツリやらなくてもいけるやんって思った」
「通勤時間がないのが最大のメリット」
「独りで寂しい」
「ビデオ会議に早く接続して二人きりになるのが気まずい」
「くそ終わりたくないもっとコロナ流行ってくれ!」

テレワーク慎重派(およそ4割のシビア目線)

「監視ツールってpc操作の全ておさえてるし、過去の判例でも解雇理由になってるから、テレワークを安易に見てると、この機会に働かないおじさんとその予備軍を一層しようという中に巻き込まれますよ」(原文ママ)

「出勤日数や時間だけで評価されるのがいかに楽だったかわかる」

「疫病騒動が収まれば、当初の目的通り、コストダウンの一環で、例えば下請けや非正規雇用者などをテレワークにさせるのだろう。あとは雇用じゃなくて業務委託契約に持ち込めば」

「光熱費がかかる。監視ソフトがあると落ち着かない」
「テレワークに慣れすぎて通勤できない体になる」
「 完全にテレワークでいいとなれば単価安いとこに取られるね」
「正直、ストレスたまるわ 。嫁さんもやろうけど」

「雇用からフリーランスに変えていいなら固定費大幅減だな。社会保険の負担も意外と大きい 」

「独身は楽なのかもしれんが、小さい子供いる家庭は大変みたいだぜ。1人の時間なくなるって」

日本のテレワークは成功するのか

日本の「組織や職務との関係性に基づく自主的貢献意欲(エンゲージリング)」が極めて低い。

2017年に、139カ国の企業を対象にアンケートを行った米ギャラップの調査では、日本の企業においては「熱意あふれる社員」が6%しかいないことがわかった。この数字は米国の32%と比べて大幅に低く、ランキングも132位だった。

つまり、下請け中小企業と同じように、業務姿勢が指示待ちの「受け身態勢」ということです。

従って、ポジティブな社内コミュニケーションが取れていないトップダウン方式の会社では、「自主性」が求められるテレワークは不向きで、結果的に2chの書き込みに見られるような、「8時間もかからないぜ」的なサボリーマンの巣窟になる恐れが極めて高くなるということです。

アメリカはITスパイ先進国だ

だから、Huaweiのバックドアを警戒するのは当然である。

中韓のスマホを使っている時点で、「コスパしか考えていない隙だらけ人間の妖精ちゃんだな」と判定されて信用を失墜したとしても不思議ではない。

ちなみに、英国は5Gからファーウェイを全面排除してエリクソンの機器を使うことに決定した。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアは中国を要警戒国に認定して戦争を仕掛けることは必至と言える。シャオミ(Xiaomi)が原爆投下を茶化しているように、中国や韓国製のスマホを使っているだけで、「日本人ではないな」と勘繰られても仕方がない。もう、既に、そのような状況にある。


中韓製品(SBを含めて)を使っている企業はリスクを負っていることだけは知っておこう。アフターコロナの常識として。

日本のメディアは中韓の工作企業と理解しておくべし

だから、「英国は5Gからファーウェイを全面排除」という記事は朝日新聞はもとより、日本経済新聞も報じていない。

朝日系列はいうまでもなく、東洋経済、プレシデント、NHKも、既に赤く染められた「通称(通名)日本人メディア」と認識しておかないと酷い目に遇う確率は高いと認識しておきたい。

侵略は既に始まっています。

北海道はアイヌの国として、沖縄同様に独立の後押しをしている。ま、道民は沖縄民よりは賢いと信じていますが、油断大敵です。既に、多くの土地が中国資本に買い占められています。日本は中国の土地を買えないのに。

TVはもとより、Yahoo!ニュースなどを観ていると、バイアスのかかった情報に踊らされてしまうことを危惧しないといけない。

画像だって危ない。

AI技術の発達で、正面の顔写真さえあれば、フェイク動画も作り放題になる。

ベトナムでさえ要人のFB顔登録は禁止されている。
音声も偽造できる。

テレワーク等はセキュリティが重要問題

フリーWi-Fiがリスキーなのと同じように、シェアオフィスなどの使用も禁止している会社は少なくない。

それにしても、上場企業の正社員でさえ、ITに無知なことは呆れるばかりなのが現状です。トップレベルの研究機関でさえIT後進性は甚だしい。

しかし、それでも日本経済はそこそこ頑張れているので、IT化されれば、伸びしろは大きいと考えたい。

遅ればせながら、1億総IT化で情報戦を勝ち抜かねばならない。

中国依存の企業は、秒速で方向転換しないと危ない。

「日本は中国の属国になればいい」と公言してやまない伊藤忠商事とお付き合いするなど論外ですよ。

国際社会から非難の声が上がっている数百万ものウイグル人の強制収容問題に関連し、正当な理由が無いまま収容された人々が強制労働させられている実態が明らかになってきました。

その中には、日本企業11社(日立製作所、ジャパンディスプレイ、三菱電機、ミツミ電機、任天堂、パナソニック、ソニー、TDK、東芝、ユニクロ、シャープ)が含まれています。

日本ウイグル協会は、その11社の社長宛に書面で質問状を送り、一部の企業から回答を得ましたのご報告いたします。

全く反応がなかったのは以下の7社です。
(1)三菱電機株式会社
(2)ミツミ電機株式会社
(3)任天堂株式会社
(4)パナソニック株式会社
(5)TDK株式会社
(6)株式会社 東芝
(7)シャープ株式会社

引用元:日本ウイグル協会

これからのビジネスはアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、台湾を中核に据え、ドイツやイタリアなどを軽く見ておいた方が無難といえます。

親中、媚中企業も、これからは日本人から攻撃される可能性が高くなりますので、ビジネス上の付き合いには一考しておく必要があるかもしれません。

コロナ騒動は日本変革の好機!

多くの「日本の異常」が分かりだした。

1)IT音痴が頗るだった。

2)在日外国人による血税の搾取が日常的になっていた。

3)中国人によるチャイナタウン化の恐怖が鮮明になった。

4)メディア、医師会、弁護士会が既に乗っ取られていた。

5)代議士が想像以上の劣化版だった。

6)官僚は無能だけでなく売国奴であり、守銭奴だった。

7)日本人が異常なほどメンタルチキン化していた。

このようなことが、ビジネスに暗い影を落としていることを知っておく必要がある。目先の利益に奔走していては、これからのビジネスは成り立ってゆかないと知っておくことが肝要になるということです。

 

 

山極壽一 京都大学総長の名言から世相を解析

山極総長名言:進化論


山極壽一(やまぎわじゅいち)京都大学総長の名言。

「ヒトは世界で一種、今は停滞期、今後変わるとするとバーと全体が変わるのでは」以下「」内は、ほぼ総長の名言。

京都大学名誉教授だった今西 錦司の進化論と同じですね。ヨハネの黙示録(第6章第9節抜粋)にも同じことが書かれています。

キリスト教確立のために殺された人々の魂が叫んだ。「主よ、いつまでも裁きを行わず、地に住む者にわたしたちの血の復讐をなさらないのですか」。

すると、自分たちと同じように殺されようとしている兄弟であり、仲間の僕である者たちの数が満ちるまで、なお、しばらく静かに待つようにと告げられた。

まさに、復讐するは我(神)にあり。

天網恢恢疎にして漏らさず。因果応報。摂理であるがゆえに、必ず実行される報復劇。売国奴たちよ震えて眠れ。地の裁きの時は短いが、天の裁きの時は恐ろしく長い。

罪は蓄積された後に爆発するもの。
進化もそのようなもので、蓄積された後に一挙に爆発する。

多様性を否定する社会は非創造的な社会

「個人に一つの能力だけを期待し、それを果たせない人々を見捨てようとする社会は生きづらいし、創造の精神は発揮できない」

織田信長名言。

「いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である」

信長は大の相撲好き。
戦闘ホルモン満タンの攻撃型。

異端者云々の構図は、田舎型と都会型の構図と同じです。

田舎型は異端を排除する。異端は部族の災いの種となりやすいから。同じ方向性の人たち同士なら安定した協力作業が可能になる。これが祭りの原点になっている。

お祭り騒ぎが好きか嫌いかで田舎型と都会型が判定できる。

一方、都会は田舎に比べて競争が激しい。安定志向のままでは、すぐに負け組に転落してしまう。そこで、一番重要なのが情報になる。新しい情報、新しい価値観。これを得たものが勝者のグループに参入できる。

だから、変わり者や異端者は、距離を置かれるだろうけど、決して排除されない。むしろ、歓迎されたり、リスペクトされたりする。

それでも、変わり者は変わり者、異端者は異端者である。

山極総長は、そのような集まりである京都大学をこう評価している。

「京大っていうのは猛獣ぞろいです。この猛獣というのは、それぞれ世界の最先端に立って活躍している人達のことです」

安定志向の絆も強い力を発揮する

しかし、それだけでは限界が見えてくる。

「新しい発見をしたい、未知の世界を見たい、常識を変えたいという気持ちが科学への興味を高めるのであって、科学が職業を約束するわけではない。常識を飛び越えると、何かが見えてくる」

「忘れてはならないのは自分と考えの違う人の意見をしっかりと聴くこと。自分を支持してくれる人の意見ばかりを聞いていては、やがて裸の王様になって判断が鈍る」

田舎と都会、この境界線が難しい。

都会偏重型になると、こうした心を隠したモンスターが増殖されてしまう懸念も大きい。

そのように考えると、田舎型(伝統:縄文人気質)と都会型(先進:弥生人気質)が上手く融合している日本は、世界的にレアな民族かもしれない。

図表は、アルコールを無害化するALDHを持つN型遺伝子(ALDH2*1頻度:縄文人)による日本分布図。製作者は筑波大学社会医学系助教授・原田勝二(はらだしょうじ)氏。

この図表は、アルコール好き、及び酒に強い人の分布図ともいえる。緑色の濃い方が縄文系。

歴史的に、西のエリアが日本の政治、経済の中心地になっているからには、日本が弥生人によって主導されてきたことがわかる。

しかし、実際は、このバランスが凄く難しい。
家族主義と孤独主義を両立させるぐらい難しい。

そこが、人類の悩みであり面白さでもあるのだけど……。

とりあえず、これからの日本では、侵略略奪中共民族(中国とは少し違う)と反日浸食の韓国・朝鮮民族との戦いが繰り広げられることになるようなので、大和民族の結託が求められる。

もしかしたら、これも進化の一環になるかもしれない。
進化は、戦いを通してしか推進されないものだから。

子育ては本能なのか?

山極総長名言。

「子育てというのは、よく本能だと言われてますけれども、決して本能ではなくて、自分の経験と他の人がやっていることを見て学習するもの」

「子育ての衝動」は本能的なものでしょう。
学習するのも、教育するのも本能の衝動でしょう。

免疫細胞だって、正常な細胞と異物を見分けたり、異物を殺したりする方法を「虎の穴」で学びますからね。

宗教との対話は必要

「私がぜひやりたいと思っているのは科学と宗教の対話です」

歴史と宗教は常にセットです。
宗教の大きな流れは3つ。

1)一家繁栄のための生殖を重視した物質信仰(主神は月)

今でも引き継がれていますね。
子孫繁栄とか。
超古代の感性ですが。

2)種族繁栄のための豊穣を重視した太陽神信仰

転生輪廻思想の原点ですね。エジプトのピラミッドを象徴とするラー信仰と天孫降臨の神道が二大太陽神信仰です。

但し、Raも天照大御神も、かつて存在しており、いまも実在されている実体ですが……。

3)物質信仰から進展した霊肉二元論的宗教

キリスト教と仏教ですね。但し、新約聖書において、双方とも、終わりの時が預言されています。

今は、既に終わった時代です。
だから、世界が混沌に包まれているのかも。

従って、現時点では、必要とされるのは、「科学と宗教」ではなく、「科学と魂魄(量子体:光子と電子)」の対話になるかもしれません。

らくらく動ける意識術脳内設定瞑想法


電子書籍880円

共感力と同調圧力

「共感力を高めてこれだけ大きな社会をつくることができるようになったと思いますね。宗教の起源もそうした共感力と関係していると思います」

「世界や日本の歴史にも通じ、有識者たりうる質の高い知識を持っていなければ、国際的な舞台でリーダーシップを発揮できません」

ここにも田舎型と都会型が顔を覗かせる。

この微妙な差は、男と女の違いを通して理解できるかもしれない。

村を守り続けてきた女性には、同調圧力が求められ、その名残がマウンティング気質に繋がっているかもしれない。

ハイヒールはパリの街に撒かれていた糞尿を避ける工夫の産物なのだけど、今では、優越を示唆するツールに変換されている。外反母趾になって、中高年以降、凄く痛い思いをする人生を強いられるのにね。

一方、役割分担の狩りを必要とした男性には、無言で通じる共感力が求められた。ライオンでもやっている方法ですが。

猿的マウンティングを排除したフラットな世界

「階層がなくなることで新しいものが生まれると考える文化は京都大学にもあります。最たるものが学生が教員を「先生」と呼ばない風土。特に理学部と文学部はこの傾向が強いですね。学生は皆、私のことを「山極さん」と呼びます。研究の現場では教員と学生の関係は対等でありたいという考えの表れでしょう」

私もリーマン時代、部長を○○さんと呼び続けていたら、突如、呼び出されて、「部長と呼ぶように」と叱られた。

こういうのって、物の見方、考え方なんだけど。

「親しみやすさのある部長」と「権威を示す部長」のどちらが、自分にとって有利な選択なのか。

先生という敬称を付けて呼び合うティール組織がある。企業の特質や職務の特性もあるだろうから、外部の人間がどうこういう話ではないけれど、共感力は皆無、といっていいほど、話が弾まない。

モンスターも多数生息している。

リーダーの条件

「今、企業が国際人材に求めているのは、プロジェクトをオーガナイズする力でしょう。いろんな分野に理解があり、なおかつ人を引きつけていろんな人のプランを聞き、そこで最善のものを選び出しつくっていく素質が必要だと思うんです。それが真のリーダーでしょうね」

「リーダーに求められる資質は2つあります。他者を感動させる力と、危機管理能力です。私はきちんと現場を尊重してやっていきたい。ガバナンスというのはそういうものだと思う」

占術師の私としては、リーダーには2つのタイプがあると認識している。

一つは、饒舌で活発な織田信長型

独自の発想力と過激な実践力で、「他者を感動させる力」を持つ現場主義者だけど、「いろんな人のプランを聞き、そこで最善のものを選び出しつくっていく素質」は持っていない。

しかし、この種の能力は必要なので、その足りない能力を、氏素性の知れない者たち(代表的なのが忍者というプロフェッショナル)を雇用して補った。

これも、「人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん」という信長の名言にみられるように、家柄や年功序列的な伝統を否定し続けた信長の信念がもたらした偉業といえる。

一夜城、馬防策、水攻めの堤防、鉄甲船などは、全て忍者たちによる業績である。

もう一つは、寡黙で慎重な危機管理能力が卓越していた徳川家康型

信長とは真逆の伝統重視、仲間内重視の田舎型。
そこに底なしの耐久力が付随する。

家康の名言。
「不自由を常と思えば不足なし。人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が」

ちなみに、家康絡みの華々しい浮世絵は存在しない。
革新的なことは何もしていないという証左になる。
江戸の街の建設以外には。

三河武士は、江戸時代の三河大絶賛印象操作とは逆に、戦いには弱かったが、土木工事には強かった?

信長型、家康型、共に長短はあれど、ガバナンス能力は卓越していた。

ちなみに、「いろんな分野に理解があり、なおかつ人を引きつけていろんな人のプランを聞き、そこで最善のものを選び出しつくっていく素質」については豊臣秀吉が卓越していたが、彼はリーダータイプではなく、調整を得意とするプロデューサータイプ、と私は考えています。

 

 

 

 

 

 

 

技術力ある中小企業の救い主:金谷勉

カンブリア宮殿の放映で感動した、全国の #下請け企業 に独自性(自社商品)を持たせた、セメントプロデュースデザイン社長の金谷勉(かなやつとむ)さん。

「社長の金谷は競争力のない中小に商品開発のノウハウを伝授するゼミを開講。年間70社の商品開発をサポートしヒットを連発させてきた」引用元テレ東

日本の #中小企業 の数は300万社超。この数と独自の技術力は、楽市楽座の織田信長、甲賀技術者集団を率いた豊臣秀吉、二人のいいところ取りをして、220年に及ぶ安定政権を維持した徳川家康たちの働きによるものです。

しかし、下請け中小企業は想像以上の低価格を強いられて苦戦しています。最大の弱点は、「与えられたことをやるのに慣れ過ぎた、文字通りの下請け根性」です。

このままでは、日本の技術力が消えてしまう。大企業を躍進させたのも中小企業の技術力あってこそのもの…だった!

しかし、「言いなりになる都合の良い奴隷」が搾取され続けるのは人も企業も同じ。競争社会の厳しくも冷酷な掟なので、「無くなることはない!」と肝に銘じておかねばならない。

信長を三度裏切った松永久秀は、信長にこう言った。「弱いからだまされ、裏切られる。強くなりなされ」。徒手空拳の身の上で大和の国主にまで成り上がった久秀の肝っ玉は尋常ではなかった。

金谷勉氏は、500社の中小企業を回り、デザインなどの勉強場を展開して、籠りがちな中小の社長や職人に、「デザイン力と商業力」を教え込んでいる。

創造力を鍛える、ビジネス感性を育てるだけではなく、技術力の組み合わせというイノベーションを展開させる、まさに中小企業の救い神の一人です。

素晴らしいの一言に尽きます。

放映を拝見させていただいたところ、まだまだ商品展開は小粒ですが、いずれバーミキュラ 鍋のような、世界に躍進できる画期的な商品が開発されてゆくかもしれません。

AIやロボットなどのハイテクではなく、「絶対に必要なアナログな技術力」を廃れさせるのは日本にとって大損失です。ガンバレ!日本の技術力。ガンバレ!日本の中小企業。

【嘘か本当か】宇宙人は間違いなく存在する

宇宙人が存在することは事実である

(CNN) 宇宙人は間違いなく存在する。地球上で人類に紛れ込んでいるかもしれない――。英国初の宇宙飛行士の1人だったヘレン・シャーマン氏が、英日曜紙オブザーバーのインタビューの中で、そんな見解を明らかにした。

「人はたまたま今の姿形になっただけで、地球を何度リセットしても二度と人には進化しないって言われてるから、人間みたいな生命体なんて宇宙ひろしといえ居ないだろうっていうのが生物学者とか地球物理学者の大多数の意見みたい」

不思議ネットに、このような書き込みがされていたけど、これはウソである。生物学者に、どうしてそのようなことが分かるというのだろうか。

宇宙はとてつもなく広大だから、「様々な仕様の生命体がいるのでは」と考えるのは普通かもしれないが、どのように広大であっても、我々が住む宇宙の素材は同じなのだ。

基本的な素材は鉄(Fe)。

我々が住んでいるこの宇宙が死ぬとき、宇宙は鉄と化して死ぬ。この宇宙は決して多様な素材で成り立っているのではない。全ての惑星は知られた素材によって成り立っている。

そして、隕石の落下から、地球の生命体も宇宙生命体のDNAを受け継いでいる。従って、宇宙人も地球人もよく似た形態をしている。決して、突拍子もない存在ではない。

地球上の生物の多様に見える形状や模様も、全ては、二つの方程式で示される。そうであれば、全宇宙の生命体も特定の数式に基づいて姿かたちが定められているはずである。

進化というのは定義づけが難解である

しかし、少なくとも、猿から人に進化したわけではない。キリンがオカピから進化したように、猿は人類に進化する前の形態にすぎない。そこから、一定の潜伏期間を経て、化学反応的に唐突に人類が誕生した。

生物学的、或いは化学的、物理的と言い換えてもいいけど、その化学反応は自然発生的に生じたものではない。プロセスを考えると、生命体DNAは人類的形態に進化するようにセットされていると考えるのがノーマルになる。

偶然は存在しない。
全ては必然の産物である。
ただ、その数式が見いだせていないにすぎない。

地球には既に宇宙人が来ている

ヘレン・シャーマン氏がどのような理由で「宇宙人は存在し、もしかしたら、既に人類世界に入り込んでいるかもしれない」と結論づけたのか、その根拠が知りたい。

想像の産物にすぎないと思うが、それでも、人類は根拠のないことを考え出せるほど有能な生命体ではない。あり得ないことは想像できない。あり得ることしか想像できない。人類はその程度の生命体でしかない。

しかし、わたしは現実に二種類の宇宙人を確認している

ただし、その恐ろしい痕跡だけである。姿かたちは、さすがに見ることは許されていない。たとえ、見る機会があっても見えないようにされてしまう。それでも、「共に人類と同じか、極めて似ている形状をしている」と告げられている。

地球人類は不完全な生命体である

このことは、充分に認識しておかねばならない。

「この宇宙に我々のような知的生命体は存在するのだろうか」と語ることが常になっているが、傲慢不遜、笑止千万と言わざるを得ない。

人類のどこが知的といえるのか!

ほとんど猿に近い、すなわち動物に近い進化途上の生き物にすぎない。地球人が宇宙人に匹敵する存在になるには、早くても数千万年の時が必要になるだろう。ただし、ごく一部の人類は既に宇宙人の末端に加えられるほどに進化している。

宇宙人には会いたくない。

あったところで、為すべきことがわからない。但し、宇宙人の桁違いのフォースは与えられたいが、それを与えられると増長慢になるので、今のレベルでは、まず、与えられることはない。

宇宙人はそこまで愚かではない。

UFOは見てみたい。但し、現実的には、そのような物は存在していないと感じている。理論的に、或いは物理的に言って、存在しているわけがないと思っている。

もう一度言うけど、既に宇宙人は来ている。そして、宇宙人も様々であり、全てが友好的な存在ではない。多様な宇宙人がこの地球に襲来しているとは思えない。

中途半端な締めくくりになってしまうけど、我々の存在意義は、宇宙人レベルにまで進化することだけに見出される。そうしないと、他の宇宙人に滅ぼされてしまうかもしれないからだ。

地球を含めて全宇宙は常に戦い続けている。

このようなギュスターヴ・ドレの画像は描かされたものなので、基本的には事実なのですが、多くを語ることは許されていない。

 

【だまされちゃいけない】大嘘は温暖化だけでない喫煙有害説もその一つ

「温暖化ホラー話の大嘘」
という記事がJBpressから発信されていた。「」内引用文。

『「地球温暖化」の不都合な真実』(マーク・モラノ著、渡辺正訳、日本評論社)の一部を抜粋・再編集したものらしい。

「世界の気温がまた最高を記録! 極地の氷が消える! 海面が上がる! シロクマがあぶない! アル・ゴア元米副大統領やグレタ・トゥーンベリさんなど『地球温暖化脅威論』派の環境活動家は、CO2が地球の気温を上げるせいで災いが次々に見舞うと煽り立てる」

しかし、現実は、氷河の総質量は、減るどころかむしろ増えているとNASAは発表している。

南極大陸全体の5%しか占めない南極半島は、たしかに気温が少し上がっている。しかし残る95%の気温は、横ばいか低下中らしい。

温暖化などは大嘘なのだ。

なのに、テレビを含めたメディアはやせ衰えた白クマを写し、若干、気温が上がって氷が溶けだした比率5%にすぎない南極半島の映像を流す。

co2だって、幾ら日本が削減してもco2排出大国の中国、アメリカ、インド、ロシアという全体の6割近くを占める国々が排出規制をしていないのだから、まさにステマという他はない。

世界的利権組織によるステマを堂々と、しかも延々と報道し続けるメディアの闇こそが人類世界の闇そのものといえる。

喫煙もその一環に入る。

例えば、ある医師がメルマガに「肺がん全体の20%を占めるといわれる小細胞肺がんというものがありますが、実は高級住宅地の真ん中にある病院では極端に患者数が少ないといいます。タバコを吸わない人にはほとんど発症しないがんだからです」と書いていた。

これは間違った指摘ではないし、さらにいえば、肺がんは男性死亡原因の第1位、女性では第2位。しかし、現実には非喫煙者でも肺がん患者は増加している。

「喫煙者の減少により、扁平上皮がんや小細胞がんは減りつつあっても、反対に、肺の奥にできて自覚症状が比較的低いために手遅れになりがちな肺腺がんは増加している。肺腺がんになる原因としては、女性ホルモンと汚染大気の2つが有力視されている。タバコを喫わない女性に、エストロゲンの影響が大きい傾向がみられることも指摘されている」出典・OMRON

喫煙者は肺がんリスクを負うのは事実だろうけど、ある医師のメルマガでは、「自分の主張にとって不利なデータを隠して喫煙者を攻撃している」わけで、これはある種のステマ情報とみなされても仕方がない。

だから、「タバコをやめれば健康になれると思った」とか、「喫煙していたから八十歳で肺がんになったのよ」とか、さらにひどくは「喫煙者は犯罪者だ」などと言い出すバカな人たちが世間にあふれることになる。

WHOの発表を鵜呑みにしていいの?

あれだけ攻撃していた大麻を忖度でなかったことにした組織なのに。

すべては金で動いているのだ。

日本の健康において大問題になるのは喫煙より糖尿なのだ。
そして、その原因は・・・。

しかし、どのメディアもこれを追求しない。

つまり、喫煙は黒幕隠しのスケープゴートなのだ。

喫煙を攻撃している人に訊きたい。

あなたはお菓子、パン、清涼飲料水、高濃度のエストロゲンを含む牛脂などを注入して作られている「激安ハンバーグやステーキ定食」などは食べていないでしょうね。

そして、チリ産のサーモン。

この危険性を煽るのはガセネタだという反論も多い。

現実はどうなっているかといえば、「海洋保全団体『オセアナ』のチリ支部は、これまでチリの水産局とサーモン養殖会社37社を相手取り、抗生物質の使用量の公開を求めて訴訟を起こし、勝訴している。業者は抗生物質の使用量を隠している。業者によっては、病気のコントロールのために他社の10倍もの抗生物質を使っているところがある。抗生物質と並んで懸念されているのが殺虫剤の大量投与だ。その投与量はノルウェーの5倍以上に達する」出典・日刊SPA!

チリ産サーモンについては、いろいろな説が飛び交っているが、チリ国内で裁判に勝訴した「オセアナ」の主張に、最も合理性を感じる。

サーモンは危険な食材なのですよ!

サーモン好きなのに喫煙者を攻撃するのは巨大ブーメランですよ。

「おっちょこちょいな人たち」と笑われても怒っちゃダメですよ。

おっちょこちょいは事実ですから。

これらは直接の死因にはならなくても万病の元ですから、本人も様々な病状に悩まされる。

なぜ、糖尿の因子になる人工甘味料や添加物や抗生物質・殺虫剤入りの食材を攻撃しないのか。

頭のいい人はすぐわかる。

甘味料や添加物を使用しているメーカーは巨大スポンサーだ。

喫煙治療も儲かるが糖尿治療はもっと儲かる。

「災害は天の贈り物だ。これで俺たちは公共事業を通してボロ儲けできる」

そのようにダイレクトに心情を投稿した土木業者が炎上していたが、本当のことは言っちゃダメでしょう。

医療関係者は、「こいつはバカだ」と思ったはずだ。

しかし、最強のバカはメディア広報を信じる人たちだ。

風が吹くと桶屋は儲かる。

しかし、最も儲かる風はステマ風だ。

もういい加減気づかないといけないんじゃなですか?

お人好しでとろい日本の皆様方。