難解な新兵器:TR-3B、アドレノクロム、THE MED BEDS、人工気象、ケムトレイル

フリーエネルギーはさておいて。

地球型UFOと呼ばれる反重力場活用で飛行、ホバリングするTR-3B。人工気象や人工地震を作り出せる電磁波兵器HAARP。UFOの残骸。

若返りの媚薬とも呼ばれるアドレノクロム。人体を2~3分で再生し、80歳が30歳まで若返ると言われている驚異のTHE MED BEDS(メドベッド:医療用ベッド)。自然気象のコントールを可能にする化学物質をまき散らす飛行機雲:ケムトレイル(ケミカル・トレイル :化学物質を引きずる)。

SF小説の世界に飛び込んだか?と思わせるほどの摩訶不思議な話ばかりに見えるがゆえに、「陰謀論」と一笑に付され続けてきましたが、実は、実在する、特許まで公開されているハイテクもあります。

追加記事は、米軍が開発したこれまでのものよりも「100万倍強い」レーザー兵器(戦術的超短パルスレーザー:UPSL)、または、電磁パルス(EMP)。光の弾丸のようなパルスを発射し、「ドローン、巡航ミサイル、迫撃砲」などを気化させる。

まさに、混交玉石(こんこうぎょくせき)の不思議な世界に誘(いざな)う話題の6項目について、フェイクなのかファクトなのかを追求してゆきます。

目次

TR-3B


人類型UFOと呼ばれるTR-3Bのメカニズムの特許は公開されている。

原理は、凄く細い針のような穴に、電気を含めてエネルギーを大量に投入すると「反重力場」が作られる。それで飛んだり、浮いたりできる。

「これは宇宙人による情報」という話もありますが、このようなエビデンスの取れないことはスルーして、少なくとも、これからは「あっ!UFOだ!」という騒ぎはなくなるでしょうね。UMAやオーパーツがなくなったように。

出典:The Sun.

「国防総省は、UFOの衝突からの残骸を保持し、テストすることを認めている。研究者のアンソニー・ブラガリアは、国防情報局(DIA)に、彼らが保持しているすべてのUFO材料の詳細と、彼らがそれで実施していた任意のテストの結果を要求するように書いた」

「回収された破片のいくつかは、物事が見えなくなるか、あるいは光の速度を遅くする可能性を含む “異常な能力 “を持っていることを明らかにした」

リアル消えるマント。

「彼らは、私たちの生活を永遠に変える未来的な材料として途方もない将来性を持っている建設の材料についていくつかのことを学ぶことができました」

UFOの残骸。

ニチノールは形状記憶合金で、折りたたまれたり噛み砕かれたりしても元の形状を『記憶』しており、シームレスに瞬時に元の形状に戻る。この記憶金属の特性は、ロズウェルでの多くの目撃者によって報告されています」

「但し、彼らは物質の化学的、元素的組成や起源に関する情報を省略している とブラガリアは言いました」

TR-3Bの飛行原理はUFO由来?

既に、特許技術として公開されています。ただ、分からないのは「エネルギー源」です。ここは極秘でしょうね。実用化され、動画で公開もされているので、これからの飛行業界や軍事戦略は劇的な変化を見せても不思議ではない、ということです。

アドレノクロム

アドレノクロム
服用すると、全身の生命力が漲(みなぎ)り抜群の若返りを与えてくれる。高揚感を伴う精神状態に入り目を閉じたままサイケデリックな不思議な作用があると言われています。

1986年に共演した女優の32年後は、左の画像のように、それ相応の年齢的な老け方をしているが、トム・クルーズは、異様なほど「若い状態」を保っている。

1990年〜2001年の間、ニコール・キッドマンと結婚していた時代のトム・クルーズ。明らかに、2018年のトム・クルーズより老けています。

これがアドレノクロム効果なのでしょうか。
この疑問に対して次のようなツイも存在します。

このあたりの真贋は確かめようもありませんが、若い時の本物のトム・クルーズとは匂いも雰囲気も違っている感じはあります。

最近では、このように評価されています。

「ディープな偽物は恐ろしいほどに上手になってきており、TikTokを乗っ取っている。すべての公人は、コンテンツを作る気がなくても、検証済みのアカウントを持ってそこにいるだけでいいのです。これがトム・クルーズだ」

オーマイガー!

但し、これらの画像や動画は「AIが生成した合成メディアで、ディープフェイクスを使ってTikTokユーザーにトム・クルーズを描写しています」という話です。

オーマイガー!


54歳のサンドラ・ブロック。

若さに関しては、確かに異常ですが、現在の様々な整形技術によっては、この程度の若返りは可能かもしれません。

1940年生まれ、(2021年現在82歳)のナンシー・ペロシは、アドレノクロムが切れると、右の画像のように、82歳の老婆に戻ってしまうと言われています。

「接種をやめるとものすごく老ける」とも言われていますが、ペロシについては年相応でしょう。

「長く接種すると顔にアザが出て来る」とも言われています。

アドレノクロムとは何なのか!

「アドレノクロムは安っぽい陰謀論。だって、若返りなら整形美容で足りるでしょう」というような声が多数湧いてきた案件です。

「内面の若返り(ホルモン:薬物)」と「外見だけの若返り(整形)」を同列に扱う知的レベルはさておき、アドレノクロムは医薬品として生産され、売られています。

2020/9/21現在、富士フィルムで販売されているアドレノクロムの値段は、500mgで261,300円、1gにすると、522,600円。

噂通りに、全てに「こども」が絡んでいます(;^_^A

アドレノクロムの主たる薬効効果は「止血剤」ですが、その名前から分かるように、脳内麻薬であるホルモン(アドレナリンやドーパミン)系の薬物(麻薬)であることは疑いないかと思われます。

「Ingesting the adorenochrome, however, is as enjoyable human activity as any I have yet engaged in」

「しかし、アドレノクロムを摂取することは、私が今までに経験した中で最も楽しい人間活動です」

Facebookのマーク・ザッカーバーグ自身がテレグラムで発信した言葉です。

「今までに経験した中で最も楽しい人間活動」というフレーズは、「普通の状態では体験できないことです」と言っているに等しい。通常、こうした発言の多くは「初めての薬物体験の時」に得られることが多いものです。

アドレノクロムの実態は、公的な研究機関から「確たるエビデンス」付きで発表されない限り、分かるはずもないのですが、状況証拠からは「麻薬類似品」の可能性が高いと考えられます。

世界中の地下トンネルで見つかる幼児たちの死体と幼児たちが飼われていたゲージ。

ホワイトハウス(WH)の地下から救出される小児性愛とアドレノクロム抽出の犠牲者にされた幼児たち。

2021年2月23日ライブカメラ映像。相変わらず、夜になると真っ暗になる閉鎖されたホワイトハウスホ、その後ろで何かが起きている。白い噴煙の上がっているのが映っています。「 トンネルを壊してるのか?」。そのように推測されています。

この爆破は推測通りで、リン・ウッド氏はテレグラムで、「地下トンネルの環境状況は予想よりも酷く、汚染された現場の衛生面も考慮して、トンネルごと爆破させる事になった」と報告しています。

WH:ワシントンD.C.の所有者はバチカン

インド政府はマザー・テレサを児童人身売買容疑で調査。

こうしてマザー・テレサは、バチカンの法王によって、正式に「聖人」と認定された。

バチカンと人身売買、小児性愛の繋がりが確定され、アメリカ特殊部隊の襲撃を受けた。

バチカンに大停電が仕掛けられ、ローマの街は闇に沈んだ。

バチカンから、人身売買や麻薬売買で稼いだとみられる大量の金塊が運びだされ、同時に地下トンネルから膨大な数の子供たちが救出され、多くの遺体も運び出された。

この延長線上に、富士吉田市の地下にある富士フィルムのアドレノクロム製造所への攻撃がある。

アメリカ海兵隊のTwitterに「Fiji Film」と大書されている。そして、TR-3BのHAARPから発射された電磁波によって、地下組織はプラズマ化されて焼き尽くされたと考えられています。

人工気象(HAARP)

「米軍は気候パターンの自由な変化を可能とする先進的なテクノロジーを主に90年代にHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)のもとで発展させてきました。HAARPは大量破壊兵器です。外圏大気から世界中の農業的・生態的システムを無効にしてしまうのです」

「HAARPと呼ばれる電磁波兵器のマイクロ波をそこに照射すると、水分子が振動し摩擦熱で水分子が熱せられ、水素の状態を臨界状態にでき、それによって巨大地震にすることが出来る」

「HAARPでマイクロ波を海に照射すれば、海水温は上昇し海水が蒸発して雨を降らせる事が可能になり、また空気を温めることで雨雲を停滞させたり、台風を作り出したり進路を変更させることができる」

以上、「地球と気象と地震を考える」から抜粋引用。

極めて珍しい台風10号のUターン軌跡。

画像:weathernews.

気象庁は高気圧や偏西風など、Uターンをもたらした様々な原因をもっともらしく並べ立てていますが、果たして信じていいのでしょうか。

気象庁研究官の見解がこれですから、全く信用できません。

HAARPによる人工地震は存在します。
というより、既に、TR-3Bと同じように特許化された技術です。

ホバリングする地球型UFO:TR-3B。

HAARPによるマイクロ波を照射。

これで地下を撃ち抜いてプラズマ化させる。

これだけの凄まじい戦闘力をオープンにする余裕があるわけですから、「超未来型のテクノロジー兵器」は、まだまだ隠されているはずです。

ネサラゲサラと関わる量子金融システム(量子コンピューターとブロックチェーン)も、まるで夢のような話で、簡単には理解できないでしょうけど、既に、非汎用機型(特化型)の量子コンピューターなどは完成済みでしょう。ブロックチェーンは仮想通貨で実用化されているシステムです。

このような、ITテクノロジーは一般の人には難解ですが、既に、カナダでは3カ所限定で、新金融システムがもたらすであろうベーシックインカム導入の実験が始まっています。つまり、毎月給付金が支給されるシステムの実験が始まっています。

一度、市場に出てしまうとAIと同じように、想像を超えたスピードで定着され、世の中を激変させます。私たちは、今、そのような「時間が圧縮されたような世界」で生きているのです。

想像すらできなかった革新的な技術が次々と生み出されてゆく。

アゼルバイジャンとアルメニアの戦いでも、ロシアが提供したミサイル装備のドローンによって、勝敗は一瞬で決まり、アゼルバイジャンは失った領土の3分の2を取り戻した。

しかし、この程度のハイテクは、実は、時代遅れの兵器にすぎません。私たちは、そのような時代に生きている。理解し難い世界だからこそ、私たちはフェイクとファクトを慎重に見極めないと、仕掛けられた罠に踊らされて奴隷化されてしまいます。

The Med Beds(メドベッド:医療用ベッド)

【翻訳】「選ばれた少数の人だけが医療ベッドを見たことがあります。 3があります…第1回は手足などを若返らせます…第2回は脳力、30歳若返らせます。等…3番目はすべての病気/病気を癒す。3つ目はすべての病気や病気を治します。これ以上の製薬会社や病院は必要ありません。テスラの金庫が開いています。それは、私たちの心を吹き飛ばすことになるでしょう!」

一見するところ、陰謀性は薄いと感じさせますが、「The MED BEDS(医療用ベッド)」を解説したサイトの記述が怪しすぎます。

「メッドベッドの技術は、長い間、一般の人々から抑圧され、隠されてきました。幸いなことに、この時期に起こっている3Dから5Dへの惑星シフトと、人間の集合意識による透明性への要求が高まっているため、数十年、数世紀、おそらく何千年もの間、隠されていたことを知っていることを公開する勇気ある人々が増えてきています」

「イレアナは、火星での秘密の宇宙計画要員としての個人的な経験から、ホログラフィック・メディカル・ポッドに関する情報を書いています。その中には、量子金融コンピュータシステム、反重力推進、レプリカント、医療ベッドのような人類への地球外のET技術の贈り物も含まれていますが、これらに限定されません」

タキオンエナジー&プラズマエナジーベッド
医療用ベッドには3つのタイプがあります: 1)ホログラフィック医療用ベッド、2)組織や体の一部を再生する再生医療用ベッドで、別の電源を使用しています、3)再解剖医療用ベッドで、約2~3分で頭の先からつま先まで、人体全体が再生されます。この高度な技術は80歳の女性にとって何を意味するのでしょうか?彼女は3分以内に再び30歳になることができます

ついていけないですね。
私は四次元の世界に精通しています。
四次元のエイリアンと交流したこともあります。
類いまれなる流ちょうな日本語で語ってくれました。

ちなみに、彼らの本当の言語は、聞き取れないほど物凄く早くて、どのような外国語にも該当しないような言語でした。

私の教養が乏しいのかもしれませんが、理解できないフレーズを並べてみます。

(1)3Dから5Dへの惑星シフト。
理解不能です。
そもそもこの世は四次元界の支配下にある三次元界です。三次元界に凄まじい権力が存在しているという仮説自体が、何も知らないことを暴露しています。

(2)人間の集合意識。
そのようなものは存在しません。
人類意識は7層に分かれているので集合意識は成立しない。

(3)何千年もの間、隠されていた。
その根拠を示すべきですね。

(4)タキオンエナジー。
存在が確認されていない仮想素粒子。

「The Med Beds」については、コメントを控えさせていただきます。レプリカント(人造人間)と不老不死において、根源的な誤謬を犯しているからです。

私たちが人類と思っている生命体は、実は、ヒト型の構造物(生命体)であって、ある意味、肉体自体がレプリカントなのです。

私たちの本体は、三次元世界で「ある目的のために生きる」べく、肉体に寄生しているわけです。従って、肉体(ヒト型構造物)が不老不死であっては困るわけです。理解できるでしょうか?

創世記:6の3にこう記されています。

「わたしの霊はいつまでも人の中に留まることは出来ない。人といっても肉なのだから。その寿命は120歳に決めよう」

ジャンヌ・カルマンは122年生きたとされているが、相続税絡みで娘が代役を務めていた可能性が高い。ジャンヌに次ぐ世界歴代2番目の長寿者は、アメリカのサラ・ナウス(1999年に119歳と97日で死去)です。

人と呼ばれているヒト型構造物は、ただの肉なので、不老不死になったとしたら、困るのは、寄生している人の本体なので、決して不老不死のサイエンスは確立されないでしょう。

不老不死?
これほど迷惑な話はない。

人の本体(魂魄:潜在意識)は一日も早く四次元界に戻りたがっています。なぜなら、四次元界は最低ランクの幽界でさえ、この世(三次元界)より、あるゆる点において「10倍は美的な世界」だからです。しかし、自殺して帰ろうとするのはムダです。自殺した本体は、100%魔界送りになるからです。ここは要注意項目です。

ケムトレイル

「ケムトレイル、消えない飛行機雲化学物質でできた人工の雲。飛行機雲は5分から10分で消えるのに対して、ケムトレイルは2~3時間たっても姿を変えることはありません。また、どんどん広がって行き普通の雲のような形状へと変化する性質があります」

この解説を一読して、あなたはどう思われますか?

情報音痴の日本では、陰謀説、都市伝説などの懐疑的な評論を多く見かけますが、実は、「天候操作のための化学氷核生成」という特許済みの技術で、アメリカの教科書には「気象を調整するために、軍が使用する場合もある」ことすら明記されている「普通の情報」にすぎません。

この日は午前中から激しいケム散布が見られた。午後は波状の雲が空に広がるのが異常な有様で、グロテスクに感じられた。

天候操作のための化学氷核生成:人工雨/雪のパテント。

南部のテキサスを襲う30年ぶりの大寒波。

トランプ支持者の多い保守地盤テキサス州を狙い撃った大寒波?

テキサスに降っている雪の形状や性質が異常だと、たくさんの報告がネットに上がっています。こちらは焼却炉の熱せられた天板に雪をのせた動画です。

溶けて蒸発すると思いきや、水銀のような形状に。やはり航空機で有害物質を散布するケムトレイルがおこなわれた?

金属が混じった雪はケムトレイルの可能性が大きい。なぜなら、NSAとCIAの元局員だったエドワード・スノーデンが「ケムトレイルには硫化アルミニウムや酸化バリウムといった金属粒子がたくさん含まれている」と暴露しているからです。

人為的に行われるケムトレイルの散布目的は、気象操作や細菌兵器対策のワクチン散布と言われています。

人体実験としてケムトレイルを行った後は、その地域にある病院の患者発生率を調査しているそうです。サンプリングをとって、効果的な散布方法を調べているという説が出回っています。

1961年に初めて報告され、現在は4人に1人が発症しているとも言われている花粉症。実はケムトレイルが原因とも言われています。アメリカ政府は、気象を操作するために空中散布したと公表しています。

闇計画の一つが、「ケムトレイルを使っての人類削減計画」です。今や、人口は7億5千万人。貧困と食糧不足が世界を覆いつつあります。

一方、トランプ氏は「ケムトレイルを廃止させる」とツイートしています。ここでも、光と闇の戦いが勃発しています。

ケムトレイルの大きな目的の一つは気象兵器です。「電磁波を放つオーロラ観測システム(HAARP)とケムトレイルの効果」を合わせることで地震や地球規模の異常気象を引き起こすメカニズムも可能になります。

短パルスレーザ兵器(UPSL)

レーザー兵器:電磁パルス(UPSL)のプロトタイプモデルは、2022年までに準備ができる可能性がある。

SF映画のレーザーのようなもので、弾丸のような光のパルスを発射する。これまでのものよりも「100万倍強いレーザー兵器」「ドローン、巡航ミサイル、迫撃砲」などを気化させる。

SF映画の世界だけの話だったはずが、いつの間にか現実として、目の前に迫ってきた。そのような、科学が巨大なバケモノを生み出す「新しい時代」に突入したのかもしれません。