【フェイクバイデンの奇妙な世界】人々はムービーのような世界を観せられている

この世はフェイスマスクに彩られた奇妙な世界。驚きのフェイクマスクワールド。巧妙なゴムマスクテクノロジーとボディーダブル(替え玉)に操られる「ムービーのような世界」

フェイクバイデン、フェイク政治家とフェイク要人たち。私たちは、「何がなんだか分からないフェイクワールド」で生きている。

リン・ウッド弁護士のテレグラム。
You are watching a movie.

「最近、映画の中の世界に住んでいるかのように感じている人はどれくらいいるのでしょうか?」

「私たちの国に起こっていることが現実であるとは信じがたいのは事実で、実際、多くはムービーです」

「死刑になっていて、もうこの世にはいないけれど、役者たちやボディーダブル(替え玉)、あるいはテクノロジーを駆使したフェイスマスクを使いながら、毎日起きている日々の出来事を、役者が演じる中で作られた映画を、さも現実に起きているかのように観せられながら暮らしているのかもしれません

替え玉やマスク役者が現れた人は、もうこの世にいない!?

目次

恐るべしマスクスキル

これがゴムマスク。
幾らでも作れる。

お金をかければ、ここまでできる。

もう少し高度なフェイスマスク、エマ・ワトソンバージョン。

少なくとも、画像や動画ではフェイクとファクトの見極めがつきません。

フェイクバイデンを演じているのはジム・キャリー。
FOXnewsは、はっきりとそう放送しています。

ちなみに、「THE TRUMAN SHOW(トゥルーマン・ショー)」とは、ジム・キャリーが主演していた映画のタイトルです。

アンティファの黒幕といわれているジョージ・ソロス
しかし、リン・ウッド弁護士はこう言っています。

「GS(ジョージ・ソロス)が自分のポケットからアンティファに金を払ったとでも思うか?」

違うよ。
アンティファやBLMの資金源は国民さ。
正しくは、アメリカの納税者

パリ協定=詐欺(兆円)
赤十字=詐欺(数十億)
外国人援助=詐欺(兆円)
WAR=詐欺(兆)などなどさ。

お金が実際にどこに行くのか?
誰が監査しているのか?
誰が実際にお金を受け取るのか?

米国の納税者は、逮捕に関与している人たちに資金を提供しているのさ。穴は思ったよりも深い。気分が悪くなったか?

構図は日本も同じ。
日本人が収めた税金はどこに行っているのか!
この穴が最大の問題点になる。

税金を払わない企業は、金融マフィアと韓国系企業ばっかり。

こうした企業の商品を買っていること自体が、「闇に貢(みつ)ぐ君」になる。いわゆる、日本の敵「隠れ工作員」とみなされる。

キーワード:反乱法

反乱法はすでにトランプがサインしていると聞いています。
多くの企業、政治家の突然死、または辞任が相次いでいます。

(辞任・退任=逮捕)

主流メディアでは取り上げられない。
DS、カバールの悪魔根絶活動は行われています!

問題1:ビル・ゲイツは本物なのか替え玉なのか。

画像1.ジョブズ氏と語り合う本物のゲイツ。

画像2.テレビに出ている本物のゲイツ。

画像3.テレビに出ている本物のゲイツ。

画像4.
上:本物のゲイツ夫妻。
下:替え玉の夫妻。

画像5.替え玉のゲイツ夫妻。

画像6.2021年2月24日のテレビに出ているビル・ゲイツ。
問題:彼は本物でしょうか、それとも替え玉でしょうか?

本物と替え玉の判定基準。
1.単独で写っている画像の判定は難解。
2.夫婦や家族で写っている画像をチェックすべき。
3.幼少期のフォトがあると手で真贋を判断できる。
3.テレビ動画による判定は可能。

私の判定。
2月24日にテレビに出ているゲイツは替え玉。

理由。
本物のゲイツは大富豪らしく、顔つきが穏やかです。
大富豪らしく、怒ったや険しい顔はしない。
怒るより困った顔が多いが、それでも柔らかさがある。
替え玉は人格性が低いからか、過激な顔になってしまう。

さて、あなたの判定は如何でしょうか。

ヒント1。

ビルゲイツ自宅の敷地内に住むビル・メリンダ財団の50歳の従業員が最大級の児童ポルノ及びレイプ画像を保持していた疑いで逮捕。自宅からは133人の身元が判明した子供達の6000枚の画像が。10年以上前から保有しGmailでも送付していたのに何故今まで逮捕を免れたのかが謎

むしろ、10年以上も隠し通せてきたことが、「なぜ、今になって明らかにされたのか」という方が謎。

ヒント2。

本物が生きていたら、明かな偽物夫婦は出てこない。
大富豪や要人の偽物は出るだけで摘発されるはずだから。

お分かりですね。

これまで著名人の偽物が、ここまであからさまに出てきたことがありますか?出てきただけで、訴えられたり、逮捕されたりするはずですよ。

つまり、「よく似た偽物」公けの場に出てきただけで、「本物は何処に?」と気づかねばなりません。

フェイク政治家

ブッシュ夫妻、クリントン夫妻、オバマ夫妻、ブッシュパパ。グアンタナモ収容所に送られるべき者たち。罪状は、小児性愛、人身売買、アドレノクロム。

ジョージ・W・ブッシュの目に、アドレノクロム常用者に現れるとされる特有のあざが。

Googleマップに記された暗号の「EMOHWEN SETATSPEED」を逆に読むと、「DEEPSTATES(ディープステート)のNEWHOME(新しい家)はグアンタナモ収容所である」となる。

で、彼らは逮捕され収容所に送られたのか否かの証拠が「誰にでも分かるチープな替え玉たち」に見て取れる。

背の高さが全然違う、一目で偽物と分かるチープさの意図を考えて欲しい。

2021年3月24日

アメリカHBOでのQ放送で、ヒラリーらの足首にGPSが取り付けられている画像をTV公開。やはりヒラリーたちは逮捕されていた!真相が着々と告げられ始めている。これは計画されたことで、真相の暴露が緩慢なのは、百聞いて一が分かるレベルの人たちにまで覚醒を迫るための戦略といえます。

一方、「男同士ではないか?」という疑惑が囁かれているオバマ夫妻?は、民主党の大統領が誕生したというのに、一度も、公式の場に姿を見せていない。

オバマの妻はレディボーイだった。本名のMichel(マイケル)を女性名のMichelle(ミシェル)に変えただけ。これがファーストレディの正体。何もかもがフェイク?

ジョージ・クルーニーと同席して小児性愛の巣窟に向かっていると考えられているオバマの盗撮写真。「奴は、逮捕令状を破り捨てたために、後頭部に一発喰らった」という真贋不明の証言も流れています。

珍しく出てきたバラク・オバマ氏のテレビ動画。しかし、「あんた誰?」レベルの出来に唖然。本物は何処(いずこ)?

最高傑作?フェイクバイデン劇場

映画「マスク」で表舞台に躍り出たコメディアンのジム・キャリー。このとき、まさか自分がフェイク大統領を演じる羽目になるとは小指の先ほども思っていなかったはずです。運命って、摩訶不思議。

コルナサインを出すジム・キャリー。

コルナサインは、「侮辱」「背信」「裏切り」を示す「悪魔崇拝」のハンドサインと理解されています。しかし、この時のジム・キャリーは若い。それとも、今のジム・キャリーは別人?

「本物と見分けがつかない」どころか、偽物であることが丸わかりのジム・キャリーのフェイクバイデン。ここを「どのように解釈すべきなのか」という一つの問題を提起している。

質問者もジム・キャリーも、ワシントンD.C.ではなく、ハリウッドに設けられたフェイク大統領執務室で演技をしていることを知っている。(当たり前ですが)。

誰でも知っている偽ホワイトハウスと偽バイデン!
アメリカでは、このような喜劇が真面目?に演じられています。

実に、意味不明で滑稽な話ですが、これが現実なのです。

だからジム・キャリーは、テレビ番組の中で、とぼけた笑顔を浮かべてこう言った。「私は毎朝、妻のジルに訊きます。『私たちは、今、どこにいるんだい』と」。

ジム・キャリーは、いつも「私は偽物ですよ」という情報を発信しているようにも感じられる。

だから、膨大な数に及ぶフェイクバイデンのセクハラ画像と認知症疑惑も、「わざと演じているな」とか、コメディアンの地が出てきて、わざと笑わせてるなと思ってしまう。彼は、一流のコメディアンなのです。

その次に面白いのは、フェイクバイデンは複数人確認できるけど、彼らは「本物のバイデン」ではなく、「ジム・キャリーの替え玉さん」を演じているということです。下の画像は「ジム・キャリーのフェイクバイデンマスク」を被った偽物さん。

「偽物の偽物」が登場して、更に、面白みが増すフェイクバイデン劇場。これを真面目にやっているアメリカは・・・「変な国だ!」と言えるのではないでしょうか。

最大の問題点

それは、「フェイクバイデンを操っている黒幕は誰だ!」ということです。

本来であれば、「バチカンと金融マフィア」、それに絡んでいるクリントン財団やバラク・オバマとなるはずなのですが、そうした黒幕たちの多数が、逮捕されたり、処刑されたりして、「いなくなっている!」ために、フェイクバイデンは風に流される凧のように浮遊しているのではないか、という疑惑が湧いてきます。

実に、奇妙な話なのですが。だから、リン・ウッド弁護士は「ムービーだ」と言っているのかもしれません。

闇の5ファミリーとフェイクメディア

GAFAMグループ:Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft。DSの下僕にされたビッグテックが敢然とトランプ潰しに動いた。そして、返り討ちにされた!そのような視点で見ないと「奇妙な現実の謎」が紐解けません。

トランプを執拗に攻撃していたテレビメディアや新聞メディアの代表たちが次々と退任を表明している。リン・ウッドが語る「退任表明=逮捕」の方程式を思い出しましょう。そして、現在、「アメリカのメディアは軍の支配下に置かれている」とみなされています。

「グアンタナモ収容所に送られる面々」のコラ画像。

コラですから、もとより真贋は不明ですが、ビッグテックの大物たちが捕らえられているようです。

Facebookのマーク・ザッカーバーグ。
アドレノクロムの使用を自身が白状しているので助からない。

さらに、「ワクチンがDNAに影響するといった投稿は削除や制限する」と言いながら、2020年7月16日の内部会議で「長期的には副作用の危険がある」とダブスタ発言をしているので、これも「国家反逆罪」に問われて処刑は免れない。

そして、見るからにチープなゴムマスクザッカーバーグが姿を現したのであれば、もう既に、本物は娑婆にはいないということになります。

AmazonCEOのジェフ・ベゾスも逮捕された可能性が高い。

罪状は、「フェイクバイデンのフェイク就任式を自分の管理しているスタジオで撮影させた」という嫌疑と伝えられています。そうであれば、反乱法に基づく「国家反逆罪」が適用され、極刑は免れないことになります。実際、彼は57歳の若さで退任を表明しています。彼も、もう、娑婆にはいない可能性が高いと言えます。

トランプ氏のアカウントを永久凍結させたTwitterCEOのジャック・ドーシーも退任させられています。彼も助からないでしょう。

日本関係では、反日の巨魁:孫正義氏も退任を表明しています。

罪状は、トランプ氏との約束を反故にして、中国のスパイ送信網に関与した国家反逆罪です。彼も、もう、帰ってこないでしょう。

何がなんだかのフェイクワールド

DSの根っこ、バチカンの法王も逮捕、処刑されているという噂。

JFKjr、いわゆるQアノンのテレグラムは嘘が多いので、迂闊に信用できないけど、バチカンがアメリカ特殊部隊の急襲を受けたのは事実なので、法王は、既に、アウトになっている可能性が高い。

アドレノクロムの常用者にでる「The Black Eye Club」と揶揄される目元のアザ。

「pope plays during pandemic vatican city」
「ローマ法王はコロナのバンデミックの間に演技をしている」というタイトル。

マスク法王の登場が、アウト説を後押しする。

お鼻の形が違いますよ~、公的な場でマスクを外してはまずいでしょ~のメルケル首相。あなたも、まさかのボディダブルさん?

とはいえ、2月22日のドイツ議会で演説をしていたメルケル首相の動画を観ると、ん?本物じゃん。

ということで、フェイクマスク問題は、逆に「仕掛けられたフェイク画像」も出回るわけで、替え玉、影武者騒動は、常に、微妙な問題に帰結します。

アメリカの同盟国であるイギリスのジョンソン首相にも替え玉説が浮上しています。

こうなると、もう、何が何だか。

そして、日本も例外ではない。

日銀総裁から天皇家に至るまで。

これ、みんな、美智子さまとして週刊誌やニュースとして流れていたものらしいです。影武者がたくさんいる、皇室の人々。

美智子さまは日本赤十字の名誉総裁ですが、被災地にある日本赤十字病院は、震災の三年前に浸水域から引越し。 事前に知っていたかのようです。

リン・ウッド弁護士が言ってましたね。

アンティファやBLMの資金源は国民さ。
正しくは、アメリカの納税者

赤十字=詐欺(数十億)
外国人援助=詐欺(兆円)などなどさ」

もう、何がなんだか。

令和皇室全体を揺るがす最大の問題──秋篠宮家長女の眞子さまのご結婚問題について、陛下はお誕生日を前にした記者会見という「公式の場」で、眞子さまへの「最後通告」とも受け取れる厳しい指摘をなされた。

「眞子内親王の結婚については、国民の間で様々な意見があることは私も承知しております。このことについては、眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております

婉曲に「ダメだ」と言っているわけです。

これは当然のことで、異教、自殺、出自不明が絡む相手が皇族に入り込んでは、天皇という象徴が崩壊する

既に、イギリス王室が崩壊の瀬戸際に立たされている「史上例を見ない現状」からも、日本の皇室は危機感を持って然るべきでしょう。

アドレノクロム禍を始めとして、様々な問題を抱える英王室に対するトランプ大統領の対応が事態の重要性を示唆しています。

「天皇陛下という名札」を付けさせられている「今上天皇」。なにこれ?

この惑星の正式名称は「なにこれTHE WORLD」、それとも「フェイクムービーTHE WORLD」。その中を水を得たように泳ぎ回るジム・キャリーバイデン。

あなたはフェイクバイデンの演出者が誰だか分かりましたか?
フェイクである限り、演出者はおりますよ。

カモンベイビー!

「事実は小説より奇なり」
違うよ。
「現実は映画より奇なり」だよ。

BREAKING:CPAC 2021 speech.

Operation Wake-Up will begin shortly.
Fasten your seatbelts.

「オペレーション・ウエィクアップ(覚醒作戦)」が始まる。
シートベルトを締めろ!

People need to wake up.
Everyone will wake up eventually, I promise.
This is all for show.

人々は目を覚まさなければならない。
いずれみんな目を覚ます。
約束する。
これは全てショーなんだ!

Amazon電子書籍税込み400円

2020年アメリカ大統領選挙は負けるための選挙だった。トランプ氏はホワイトハウスに「ジョー、分かっているだろう、私が勝ったということを」と書き残して去って行った。負けた方が勝った。しかも、そのとき、既に新大統領のはずのバイデンは偽物だった。

アメリカ民主党の黒幕DSはフェイクコロナとバチカンドミニオン、CCP郵便投票、トランプ氏の投票をバイデンに変更するCIAプログラミングを繰り出して勝利を勝ち得たに見えたが全ては仕組まれた罠だった。トランプはプーチンと手を組み、UFOTR3Bが飛び交い、電磁パルス砲HAARPが撃ち込まれた。極限戦を制したのは誰か。

バチカンは陥落し、ワシントンDCは消え失せ、CCPは破産直前に追い込まれた。アメリカ合衆国は消滅した。ビッグテックとオールドメディアは倒され、大量の逮捕者がグアンタナモに送られた。FBIとCIA、ハリウッドとディズニーは終焉を迎えるだろう。

フェイクマスクとフェイクニュースがあふれ、人々は何が何だか分からないフェイクワールドと化した世界で、或いはムービーのような世界でコマのように踊らされていた。毎日起きている日々の出来事を現実に起きているかのように観せられて人々は暮らしていた。

金融システムそのものが量子コンピューターとブロックチェーン、人工衛星を融合させたQFSに統合された。ネサラとゲサラがアメリカとロシアで発令され金融界に断末魔の悲鳴が轟き渡った。全ては作戦通りだった。

そして、新しいインターネットワークが築かれるべくイーロン・マスクがトランプ・プロジェクトに組み込まれ、スターリンク衛生が打ち上げられた。とんでもなく新しい時代、世界大転換の時代がやってくる。